このブログはコラムに身辺雑記を加えたものです。政治・経済の問題については 別ブログで書いてます。(場所は秘密)

FC2カウンター 

ブログ連続更新中 

カテゴリー 

カレンダー 

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ 

最近の記事 

ブログ内 記事検索 

特厚竹炭ブラックパンケーキ~6月19日オープン「ELK NEW YORK BRUNCH あべのキューズモール店」 魅惑のパンケーキ1320

今日は
特厚ネタ3点セットでお届けしましょう

魅惑のパンケーキ1320
6月19日オープン
ELK NEW YORK BRUNCH あべのキューズモール店
(大阪・天王寺)
gernrijlkHIMG_8393.jpg

gernrijlkHIMG_8398.jpg
心斎橋の「elk」の姉妹店という位置づけで東京にあるのが
BURN SIDE ST CAFE(東京・明治神宮前)
http://kazuuun.blog79.fc2.com/blog-entry-15435.html

逆輸入のような形で
「BURN SIDE ST CAFE CRAFT KITCHEN+ KUZUHA」(大阪・枚方市楠葉)
http://kazuuun.blog79.fc2.com/blog-entry-12950.html
なんて店もありましたね

一方
「elk」の方も
このタイプのパンケーキをウリにした
フードコート仕様の 「elk」を出店
それが
昨年4月22日イオンモール橿原にオープンした
「ELK NEW YORK BRUNCH」
http://kazuuun.blog79.fc2.com/blog-entry-14291.html
であり
「ELK NEW YORK BRUNCH 阪急西宮ガーデンズ店」
http://kazuuun.blog79.fc2.com/blog-entry-15531.html
でありました

今回の店はその3店目にはなるのですが
今回の店はフードコートではありません

gernrijlkHIMG_8394.jpg

gernrijlkHIMG_8395.jpg

gernrijlkHIMG_8396.jpg

gernrijlkHIMG_8399.jpg
ブランド抹茶と小豆の竹炭ブラックパンケーキ 3P
1490円

gernrijlkHIMG_8400.jpg

gernrijlkHIMG_8401.jpg

gernrijlkHIMG_8402.jpg

gernrijlkHIMG_8408.jpg

パンケーキ食べ歩き記~大阪・キタ編(梅田 北新地 茶屋町 淀屋橋 天満 福島 新大阪 等網羅)
http://matome.naver.jp/odai/2136819775359605601

パンケーキ食べ歩き記~大阪・ミナミ編(本町以南~心斎橋 難波 堀江 阿波座 天王寺 等網羅) 
http://matome.naver.jp/odai/2136853235237096301

パンケーキ食べ歩き記~大阪市外編(堺 豊中 茨木 高槻 箕面 吹田 池田 東大阪 等網羅)
http://matome.naver.jp/odai/2138046215486089601

パンケーキ食べ歩き記~兵庫編(神戸 元町 三宮を中心に西宮 芦屋 宝塚 姫路等も網羅)
http://matome.naver.jp/odai/2136820063960264201

パンケーキ食べ歩き記~京都・滋賀・奈良・和歌山編
http://matome.naver.jp/odai/2136819929459985901

パンケーキ食べ歩き記~
東京A(東京駅近辺 原宿~明治神宮前~表参道~渋谷~青山~恵比寿~六本木~代官山~新宿)編 」
http://matome.naver.jp/odai/2136805862028147901

パンケーキ食べ歩き記~東京B (池袋 目黒 浅草~押上+東京近郊編)」
http://matome.naver.jp/odai/2141125187401547301





関連ランキング:カフェ | 天王寺駅前駅阿倍野駅大阪阿部野橋駅




にほんブログ村
2017/07/05 00:05|グルメ 一般

twitter 

ブログ村 

天気予報 


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード 

リンク 

このブログをリンクに追加する

Copyright(C) 2007All Rights Reserved.

Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.