このブログはコラムに身辺雑記を加えたものです。政治・経済の問題については 別ブログで書いてます。(場所は秘密)

FC2カウンター 

ブログ連続更新中 

カテゴリー 

カレンダー 

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ 

最近の記事 

ブログ内 記事検索 

「蕎麦と煮込み さんかく」

ある一つの食べ物に
従来あまり見られなかった特徴的な要素が付け加えられ
それを提供する店が流行り 知名度が上がるようになると
食べ物における一つのジャンルとして成立するのです

例えば
ラーメンにおいて

デカ盛り
太い麺 濃いスープ 山盛り野菜

最後に野菜 アブラ 背脂 カラメ ニンニク等の量の選択(コール)も 

ああ
これは二郎だ

これは「二郎系ラーメン」と評されるわけです

要は二郎パクリラーメンなんですが
二郎インスパイアなどという気持ち悪い言い方をしている人たちもいますね

提供する側が意識的に真似をしたものであろうが
意識しないで考えたものであろうがそういわれます
もちろん 全くそっくりということではなく
各店 それぞれ味は異なるでしょうし
その店の独自要素を入れることもあるんでしょうが
それは関係ありません
ジャンルが確立すると そういう大雑把な括られ方をするのです

では
蕎麦においてはどうでしょう

肉蕎麦 コシの強い太麺の蕎麦 量が多い 
濃いめのつゆにラー油 トッピングに生卵

まあ まずは「蕎麦にラー油」という組み合わせなんでしょうが
少なくともこのスタイルを確立したといえるのが

「そば処 港屋」ではないでしょうか

この店が流行ったことで
同じようなスタイルのそばを提供する店
「港屋インスパイア肉蕎麦」の店が
東京に現れることになったんです

そば処 港屋>(東京・西新橋)
germjlkHDSC03561.jpg
冷たい肉そば 850円

germjlkHDSC03563.jpg
http://kazuuun.blog79.fc2.com/blog-entry-4024.html
こんな感じの蕎麦です

では
例によって私の好きな
「流れ」ネタをやりましょう

まず一店目は ここから
蕎麦と煮込み さんかく(大阪・本町)
gernrijlkHIMG_8688.jpg

gernrijlkHIMG_8686.jpg

gernrijlkHIMG_8687.jpg

gernrijlkHIMG_8689.jpg

gernrijlkHIMG_8692.jpg

gernrijlkHIMG_8694.jpg
もり蕎麦 冷 中850円

gernrijlkHIMG_8695.jpg

gernrijlkHIMG_8696.jpg
肉蕎麦ではないですが
コシの強い太麺のゴワゴワした感じの蕎麦
但し量は少ないです

ラー油 生卵

gernrijlkHIMG_8690.jpg



関連ランキング:ホルモン | 本町駅肥後橋駅淀屋橋駅




にほんブログ村
2017/06/23 00:15|グルメ 一般

twitter 

ブログ村 

天気予報 


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード 

リンク 

このブログをリンクに追加する

Copyright(C) 2007All Rights Reserved.

Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.