このブログはコラムに身辺雑記を加えたものです。政治・経済の問題については 別ブログで書いてます。(場所は秘密)

FC2カウンター 

ブログ連続更新中 

カテゴリー 

カレンダー 

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ 

最近の記事 

ブログ内 記事検索 

オープン記念500円牛カツ~3日オープン「厚切り牛かつ専門店 神戸 牛かつ亭 三宮本店」

ここ数年関西では牛カツの店が増えましたね
カツを短い時間でさっと揚げるんですが
カツというより牛のタタキのような・・レアな感じで出されます
短い時間で料理を提供できることもウリになっています

牛カツとしては
まずは東京ネタで
2014年1月訪問
「牛かつ おか田」(東京・新橋)
http://kazuuun.blog79.fc2.com/blog-entry-9488.html
2014年1月訪問
実はこの時「牛かつ もと村 新橋店」も訪問予定だったんですが
場所がわからなかったのです

関西では・・・・
2014年12月オープン
「勝牛 京都駅前店」
http://kazuuun.blog79.fc2.com/blog-entry-11299.html
が嚆矢
「ゴッチーズビーフ」のゴリップ が手がける店で
現在はFC化することで一挙に店を増やしています

今年3月5日オープン
「牛カツのタケル 日本橋店」
http://kazuuun.blog79.fc2.com/blog-entry-13857.html
「1ポンドのステーキ・ハンバーグタケル」が牛カツ店を・・・

「牛かつもと村 難波店」がオープンしたんですが・・・
大行列店になっていたので
牛かつ もと村 難波分店(大阪・難波)
http://kazuuun.blog79.fc2.com/blog-entry-14135.html
がオープンしてから
こちらで初めて「もと村」の牛カツを食べました

私の感想としては
特に「勝牛」がそうなんですが・・・
値段が高い割には・・・・ということに・・・・・・
「もと村」は牛脂注入の成型肉とはいえ
よかったですけどね

そもそも
レアがいいならなぜカツに しかも薄い衣で・・・」
というのはありますが

ところで
京都大阪に15店舗も出店している「勝牛」なんですが
まだ兵庫県には店を出してないんですよね

そんな中・・・・・
gerniilkHIMG_3660.jpg

3月3日オープン
厚切り牛かつ専門店 神戸 牛かつ亭 三宮本店(兵庫・神戸三宮)
gerniilkHIMG_3661.jpg
ここってブライダルプロデュースの会社が手掛けているんでしょうか・

3月3日オープンなのですが
1日2日はプレオープン先着100名で
500円

企画も値段も「勝牛」そのものなんですが・・・
それはおいておいて  

gernriilkHIMG_0414.jpg

gernriilkHIMG_0415.jpg

gernriilkHIMG_0416.jpg

gernriilkHIMG_0434.jpg
厚切りレア牛かつ膳1280円(500円)

gernriilkHIMG_0435.jpg

gernriilkHIMG_0436.jpg

gernriilkHIMG_0437.jpg
デミグラスソースはついてるんですが

それ以外にも
卓上に
gernriilkHIMG_0431.jpg
特製ソース だし醤油 カレー塩があります

※まとめ
ワンコインからデカ盛りまで 肉々しいランチ(大阪・兵庫・京都を中心に)
http://matome.naver.jp/odai/2137763911193891201

ローストビーフ丼~デカ盛りまで 肉々しい焼肉丼 (大阪・兵庫・京都を中心に)
http://matome.naver.jp/odai/2137786825516797201 

洋食の定番「ハンバーグ」食べ歩き記
http://matome.naver.jp/odai/2137655901816098001





関連ランキング:牛料理 | 神戸三宮駅(阪急)三宮駅(神戸市営)三宮・花時計前駅




にほんブログ村
2017/03/02 00:15|グルメ 一般

twitter 

ブログ村 

天気予報 


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード 

リンク 

このブログをリンクに追加する

Copyright(C) 2007All Rights Reserved.

Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.