このブログはコラムに身辺雑記を加えたものです。政治・経済の問題については 別ブログで書いてます。(場所は秘密)

FC2カウンター 

ブログ連続更新中 

カテゴリー 

カレンダー 

11 | 2007/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ 

最近の記事 

ブログ内 記事検索 

31日になって

このブログはタイトルが「極私的日常」となっている。
もともと年賀状で近況報告をする代わりに始めたモノで、年賀状での公開に向けて、
(それまではブログの場所は内緒にしておいたうえで)私の身の回りのことなどを
書き綴っていくつもりだった
ところが、ブログを始めた翌月からmixi日記を始め、どちらも同時進行で毎日書き続けていくうちに、
ホントの「極私的日常」はmixiで、レポート・論評的なモノはこのブログで・・という形で棲み
分けが進んでいった。
ブログにカウンターを付けた段階では、年内に5000アクセスもあるんだろうかと思っていた
けれど、結果的には10倍のアクセス数があり、これ自体は路線変更でよかったことなん
だけど、さて、肝心の年賀状シーズンを迎えて、mixiとブログの扱いをどうするか迷ってしまった。
このブログは記事が700件近くにもなり、中にはいろいろとまずいことも書いているので、
あまり人に教えない方がいいかなぁと。

迷った末に2008年年賀状は差し出す相手によって
①mixiとブログのアドレスを書いたもの②mixiだけ書いたモノ③どちらも書かないの
3パターンにした。
いずれにせよ2009年からは年賀状自体も半分くらいに減らそうと思っているんだけどね。

まあ、今まで秘密で、今回初めて人にアドレスを教えるということになるので、
たまたま他所で自分のブログを表示してみたところ大問題に気がついた。

あれ 写真が・・・・・・・・・・・・・

今まではうちのCRT画面で写真を加工して、見ていたので、気がつかなかったんだけど、
液晶画面だと写真が明るすぎで、白く写っているんだよね 
「これでは「グルメ」「紅葉」「夜景」の写真がだいなしやん」
というわけで30日の晩から、「白すぎる写真」についてダウンロードし加工して照度を
変えた上で再アップという作業
ブログ管理の写真表示機能を使い、チェックし結果的に300点くらい差し替えたかなぁ
えらい無駄な時間の使い方をしてしまった
ついでに、記事のカテゴリーも整理して、見やすい形にはなったかな?

これで安心・・・・

って明日、年賀状見てアクセスしてくれる人いるんやろうか???
 
2007/12/31 23:37|極私的日常

年末の深夜に

第1回 しゃべれ!レコード大将
「はじめて買ったレコードはなんですか?」
そんな言葉をきっかけに、お互いの青春時代にスキだった音楽、好きだったジャケット、など、
ゲストとともにトークを交えながら懐かしい音楽に聞き入る番組です。
出演
角淳一 ラサール石井 半田健人 与良正男 麻丘めぐみ 吉村智樹 浦上浩 未知やすえ 石田英司
12月30日 深夜1:23~4:23

レコードを
実際にレコードをターンテーブルで聞くという趣向
Harry Belafonte(ハリーベラフォンテ)の「バナナボート」からスタート
加山雄三「夜空の星」

ダークダックス「ロシヤ民謡集」から「ともしび」※ロシアでない
tomoshibi.jpg

ジェリー藤尾「遠くへ行きたい」
年末に いきなり暗く

半田健人登場 また阿久悠絡みの曲を
河島英五「時代おくれ」森田公一とトップギャラン「下宿屋」
都倉俊一「メッセージ」 ※「レッツゴーヤング」のオープニング
tokurak.jpg


麻丘めぐみ登場
麻丘めぐみ「芽ばえ」  久しぶりに聞いたけどいい曲やね
麻丘めぐみ「わたしの彼は左きき」
http://www.youtube.com/watch?v=Z4JsM4RxghM

 ※筒美京平の指名で、レコーディングでギター弾いていたのが高中正義
Johnny Cimbal(ジョニーシンバル)「ミスター・ベースマン(Mr. Bass Man)」 

与良正男 石田英司登場
友部正人「一本道」 泉谷しげる「帰り道」 高田渡「年輪・歯車」
はっぴいえんど「風をあつめて」
ティン・パン・アレーアレンジ版「ポケットいっぱいの秘密」 ※歌唱はマナ (MANNA)
リトルフィート (Little Feat)「Dixie Chicken」
サザンオールスターズ「愛しのフィート」 
 ※デビューアルバム収録 リトルフィートを日本に紹介したのがはっぴいえんど
 その影響を受けたのが桑田佳祐という流れだそうだ

吉村智樹 未知やすえ登場 おもしろレコード集 

阿蘇子と太郎「昭和なみだ川」※作詞 荒木とよひさ 作曲 岡千秋
竹村健一「MOU CORI GORI DA」
 ※Quincy Jones(クインシー・ジョーンズ)「愛のコリーダ(The Dude)」
 http://www.youtube.com/watch?v=OyJX2nxi8mg
  に竹村健一のしゃべりから「住宅ローン」「デリーシャス」「経費節減」「人事異動」
  「だいたいやねぇ」などのセリフをのせているだけ
  <愛のコリーダ→もうこりごりだ>ということか すごい発想やね
鹿村浩司「俺は花の演歌歌手」 
NNKSAKSA.jpg

少年探偵団恐怖の人間カラオケ サウスポー
tanntei.jpg


 早すぎたゴスペラーズ?(というより人間オーケストラ)
 http://www.youtube.com/watch?v=JAKPCosEcc0
 Views: 293しかないやん

 他にも「与作」「絶体絶命」「ビューティフル・ネーム」「迷い道」「ジンギスカン」を
 収録だそうだけど、一度聞いてみたいなぁ

浦上浩(割烹 石和川)登場
斎藤努「へい」キャロル「ファンキーモンキーベイビー」「夏の終わり」「キャロル」
郷ひろみ「男の子女の子」「よろしく哀愁」「2億4千万の瞳」
稲葉喜美子「願いひごと 公園於」
2007/12/31 19:47|音楽

海上300mで(後編)

明石海峡大橋ブリッジワールド
s-AKASHIKAI111.jpg

s-AKASHIKAI115.jpg

s-AKASHIKAI117.jpg

帰りは途中から行きと違ったルート、海沿いの細い道を通っていく
s-AKASHIKAI125.jpg

s-AKASHIKAI127.jpg

s-AKASHIKAI128.jpg

s-AKASHIKAI132.jpg

s-AKASHIKAI140.jpg

s-AKASHIKAI141.jpg

s-AKASHIKAI142.jpg

s-AKASHIKAI147.jpg

s-AKASHIKAI138.jpg

ツアーが終わり、参加者が最初の控え室である会議室に戻ると、各々の席に先ほど班毎に撮影した
「記念写真」と「ブリッジワールド認定証」が置かれているという趣向
s-AKASHIKAI156.jpg
2007/12/30 23:54|関西近場紀行 高いところ

海上300mで(中編 )

明石海峡大橋ブリッジワールド(中編 )
s-AKASHIKAI059.jpg

s-AKASHIKAI105.jpg

s-AKASHIKAI064.jpg

s-AKASHIKAI100.jpg

s-AKASHIKAI060.jpg

s-AKASHIKAI075.jpg

s-AKASHIKAI084.jpg

s-AKASHIKAI097.jpg

淡路島方面
s-AKASHIKAI071.jpg

s-AKASHIKAI090.jpg

s-AKASHIKAI076.jpg


この場所の魅力は真下ってところにある。海抜300mなら、人工的な建築物はともかく、山だったら、むしろ低い部類
でも、そこでは「真下」は見られない。ここは、まさに「神戸淡路鳴門自動車道」を地上300mの真上から見下ろす感覚。これは得難いよね。
もちろん、ちょっとしたモノを誤って落としてしまってもえらいことになりかねないという緊張感もあるけど。
s-AKASHIKAI069.jpg

s-AKASHIKAI089.jpg

s-AKASHIKAI094.jpg

s-AKASHIKAI106.jpg

班毎に記念撮影
s-AKASHIKAI093.jpg


s-AKASHIKAI098.jpg

s-AKASHIKAI078.jpg
2007/12/30 23:45|関西近場紀行 高いところ

海上300mで(前編)

私のブログの2007年掲載の最後の大ネタは
明石海峡大橋ブリッジワールド
s-AKASHIKAI006.jpg

http://www.jb-honshi.co.jp/bridgeworld/index.html

明石海峡大橋は全長3911m、世界最長の吊り橋。何が世界一なのかと言えば「全長」ではなく、
橋げたを支える塔と塔の間の距離1991mが世界最長なのである。
s-AKASHIKAI015.jpg
map-kurushima.jpg

「明石海峡大橋ブリッジワールド」は その主塔まで(1㎞)神戸側から歩いて行き、主塔の
エレベーターに乗り、海上約300mの塔頂に登るツアー。
fig-tsuri-tou.jpg

往復で約2㎞歩けるし、普通、他所では味わえない海上300mの感覚(しかもガラス越しではない)
を味わえる、高いところ好きとしては外せない場所。
ちなみに、東京タワーの高さは332mだけど、特別展望台(地上223m)までしか一般人は
上がることが出来ないし、日本一高い展望フロアである横浜ランドマークタワースカイガーデン
でも高さ273m(地上69階)、ガラス越しでなく風景を味わう梅田スカイビル空中庭園は173m。
s-AKASHIKAI007.jpg

こんなコース http://www.jb-honshi.co.jp/bridgeworld/course/index.html
原則的に、月火水を除き実施されているけれど、11月30日で平成19年度分は終了し、次回は来年
4月までない。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
JR舞子駅下車「橋の科学館」に集合
受付を済ませ、参加者が集まる会議室へ行く。そこで「誓約書」にサインし、イヤホンマイク
ヘルメットを装備。イヤホンマイクは案内役の人の声を離れていても聞くことが出来るように。
真下に車が走る主塔の塔頂を見学するため、ボールペン一本、下に落としても事故と脅され、
衣服の上から主催者が用意した「ブリッジウェア」を着用。

ます、そこで明石海峡大橋が出来るまでのビデオを見、「橋の科学館」に移動し、模型を
見ながら説明を受ける。
s-AKASHIKAI012.jpg


s-AKASHIKAI016.jpg


舞子海上プロムナードへ移動
明石海峡大橋のアンカレイジ(橋脚土台)から海峡に向かって150m突き出した展望施設。
エレベーターで8Fまで上がると、海面からの高さ約47m。そこが、床がガラス張りの遊歩道
で、真下の海面を見ることができる趣向。ここは、いつでも見学でき、歩ける施設
area_prom_img_01.jpg


その先が、関係者以外普段は入れない作業車用の通路(道路の真下)。
s-AKASHIKAI025.jpg

s-AKASHIKAI028.jpg

s-AKASHIKAI030.jpg

s-AKASHIKAI036.jpg

s-AKASHIKAI048.jpg


そこをイヤホンで説明を聞きながら、約960m歩き「主塔」に到着。
そこから、エレベーターで塔頂へ。エレベーターは98階に
s-AKASHIKAI054.jpg

2007/12/30 07:07|関西近場紀行 高いところ

年末ラッシュ

ココリコ遠藤と千秋が離婚

お笑いコンビのココリコの遠藤章造(36)とタレントの千秋(36)夫妻が28日に離婚届を
提出した。29日に所属事務所が発表した。2人は2002年に結婚、03年に千秋は第一子と
なる女児を出産していた。2人はマスコミ各社へのファクスで「これからも子供の今後の人生を
第一に考えながら新しい人生をスタートさせていこうと思っています」とコメントしている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071229-00000107-sph-ent

ここへ来て結婚・離婚ラッシュやね
<結婚>オダギリジョーと香椎由宇(11歳年上)松たか子と佐橋佳幸(16歳年上)
    麻生久美子・伊賀大介
<復縁>石田純一と長谷川理恵(19歳年上)
<離婚>新庄剛志と大河内志保

まあ、年末年始はワイドショー番組もないし、この時期にはこの手の発表が多い。
あまり騒がれたくない人たちには発表にもってこいの時期だけど、今年は特に多い。
しかも、それまで騒がれていない意外なカップルも。

さすがに今回の遠藤と千秋の離婚はびっくりした。
このカップルの離婚は不思議なような、当然のような感覚があるね。
うまくいってると言われると「あの二人はお似合いだから」とも思うし、うまくいってませんと
言われても「あの二人なら当然でしょ」となる不思議なカップル。
「離婚してもおかしくはない」と思わせる理由が双方にあるもんね。
2007/12/30 06:07|ニュース(芸能)

延暦寺紀行その5

帰りは比叡山坂本ケーブル延暦寺駅~坂本駅
日本一の長さ(全長2025m)

落石注意
enaqja166.jpg

駅まで急ぐ
enaqja167.jpg

enaqja168.jpg


眺めはいい
enaqja165.jpg

enaqja169.jpg

enaqja170.jpg

enaqja171.jpg

enaqja172.jpg

ケーブルカー
enaqja173.jpg

enaqja175.jpg

enaqja178.jpg

enaqja181.jpg


例によって中間のポイント(分岐器)で車両がすれ違う
enaqja179.jpg


enaqja183.jpg

着いた先のバスも1時間に1本だけ
<ケーブル坂本駅⇔JR比叡山坂本駅>
enaqja184.jpg

enaqja185.jpg

2007/12/30 00:21|関西近場紀行 神社仏閣

延暦寺紀行その4

続いて東塔エリア
enaqja112.jpg

まずは
大講堂
enaqja115.jpg

enaqja116.jpg

enaqja117.jpg

enaqja119.jpg

根本中堂
enaqja121.jpg

enaqja122.jpg

enaqja123.jpg

enaqja130.jpg

enaqja128.jpg

enaqja140.jpg


階段をあがると
文殊楼
enaqja134.jpg

下を見下ろす
enaqja133.jpg


大書院
enaqja141.jpg


またまた階段を上がると
enaqja149.jpg

東塔
enaqja151.jpg

阿弥陀堂
enaqja155.jpg

enaqja156.jpg

enaqja157.jpg


そして戒壇院
enaqja161.jpg

enaqja163.jpg

2007/12/29 23:39|関西近場紀行 神社仏閣

延暦寺紀行その3

この日は仕事前の時間を利用したので、大急ぎで移動。
延暦寺は大きくいえばエリアに分かれているけれど、バスの時間の関係で「まず遠いところから」
というわけで横川エリアの横川中堂からスタート
enaqja111.jpg

enaqja093.jpg

enaqja110.jpg

enaqja094.jpg

enaqja095.jpg

enaqja097.jpg

enaqja098.jpg

enaqja100.jpg

enaqja103.jpg

enaqja104.jpg

enaqja105.jpg
2007/12/29 23:20|関西近場紀行 神社仏閣

延暦寺紀行 その2

ケーブルカーを降り、ロープウェイへ向かう。
厄除と書いているのは、ここでも「かわらけ投げ」ができるようになっているため。
enaqja040.jpg

enaqja041.jpg

enaqja042.jpg

enaqja043.jpg

enaqja044.jpg

enaqja045.jpg


ちょっと怖い書き方やね
enaqja046.jpg

ロープウェイ (ロープ比叡駅~比叡山頂駅)
enaqja048.jpg

enaqja052.jpg

enaqja047.jpg

enaqja055.jpg

enaqja056.jpg

enaqja057.jpg

enaqja058.jpg

enaqja061.jpg

enaqja062.jpg

到着  さすが見晴らしがいい
enaqja063.jpg

enaqja072.jpg

enaqja081.jpg

enaqja086.jpg

琵琶湖方面
enaqja075.jpg
2007/12/28 23:54|関西近場紀行 神社仏閣

延暦寺紀行 その1

比叡山延暦寺には交通ルートとして西(京都側から)と東(大津市坂本側から)の2つのルートが
ある。今回は行きと帰りで別々のルートを使うことにした。

enaqja010.jpg

まずは叡山電鉄で八瀬比叡山口駅へ向かう。ここは比叡山への西の入口で、
京福電鉄のケーブルカー ロープウェイを乗り継いで比叡山山頂に行くことができる。
enaqja012.jpg

enaqja014.jpg

enaqja015.jpg

enaqja017.jpg

enaqja019.jpg

enaqja020.jpg

enaqja024.jpg

enaqja025.jpg

enaqja026.jpg

ケーブルカー (ケーブル八瀬駅~ケーブル比叡駅)
 ※全長1458m 大正14年創業で標高差561mは日本一
enaqja022.jpg

enaqja028.jpg

enaqja031.jpg

enaqja033.jpg

enaqja037.jpg

enaqja038.jpg


そもそも「ケーブルカー」は、山岳など急勾配の斜面に線路を敷き、その上を鋼索(ケーブル)
で繋がれた車両を巻上機等で巻き上げて運転する鉄道である
通常は交走式(つるべ式)で、2組の車両を単線のレール上でケーブルの両端に繋げ、
山上の巻き上機でケーブルを巻き上げて動かし、交互に山上と山下を往復する形。
つまり、山上と山下に車両が1両ずつ停まり、発車時刻に山上の巻上機が動き、2両同時に
発車。当然この2両は速度は同じだから、中間のポイント(分岐器)で車両がすれ違うことに
なる。
enaqja034.jpg

だから、ケーブルカーには「運転士」は乗務していないのである。
山上の駅にある運転室で巻上機を操作しているのが「運転士」ということになる。
enaqja039.jpg

ケーブルカーに乗務しているのは前方確認のためにいる「車掌」なのである。
enaqja030.jpg



2007/12/28 23:49|関西近場紀行 神社仏閣

一部の地域

クリスマスの約束 2007
12月25日 23:35~放送 (MBSは12月26日 24:09~放送)
スポーツ中継などで よく「一部の地域を除いて・・・」というのがあるけれど
この番組に関しては関西はまさにその一部の地域だった。
他の地域より1日遅れて放送。

だから関西では
MBS制作の「井上陽水スペシャルTV リリーとボクと時々!?オセロ中島」
リリー・フランキー オセロ中島知子 23:15~
に続けて放送されたんだけど、その結果見事に

一歳違いの小田和正(1947年9月20日 - )と井上陽水(1948年8月30日- )の落差を
感じることにもなった

BSまるごと 日本のフォーク&ロック大全集
http://kazuuun.blog79.fc2.com/blog-entry-992.html
のところでも書いたんだけど、井上陽水の歌声がねぇ・・・衰えがひどいわ。
来年60才なんだからある意味当たり前なんだけど、まるで、じいさんが入れ歯を取って
しゃべってる感じの歌声になっている
その点 今年還暦を迎えた小田和正の方がむしろ例外なんだろうね
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「クリスマスの約束」は毎年楽しみにしている番組だ
何といっても、その曲を歌っている歌手よりも きれいに(敢えて「うまく」とは言わない)
小田が歌う。そこが見所。
あと、自分のファンを「ばばあ軍団」なんて表現する小田の毒舌トークね。

このブログでも書いたけど、去年は「SAKURA」がよかった。いきものがかりと共演して歌ったん
だけど、いきものがかりのボーカルの子もうまくて、「この曲 こんなによかったっけ?」って
思ったね。その他、レミオロメン「粉雪」もあっさり歌い上げていたし。

さて今年は、
「たしかなこと」(小田和正)
「こころ」   (小田 和正)
「中央線」   (小田和正 宮沢和史)
「風になりたい」 (小田和正 宮沢和史)
「秋桜」(コスモス (小田和正)
「Woh Woh」(小田和正 さだまさし)
「たとえば」   (小田和正 さだまさし)
「Jubilee」(小田和正 くるり)
「恋バス」    (小田和正 矢井田瞳)
「SOMEDAY」(小田和正 佐野元春)
「この道を行く」 (小田和正)
「ダイジョウブ」 (小田和正)

もうひとつだったかな。さだまさしとの共演はよかったけれど。
さだまさし(1952年4月10日 - )もう55才かぁ。
今回、番組のためにさだまさしが詩を作り、小田和正が曲を書いた共作曲「たとえば」も
披露された。「過去の自分」と「未来の自分」に伝えたい言を綴った歌だ。

出だしを聞いたときには 岡林信康「私たちの望むものは」かと思ったけど
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
さだまさしといえば「償い」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%84%9F%E3%81%84_(%E3%81%95%E3%81%A0%E3%81%BE%E3%81%95%E3%81%97)

松本人志「放送室」 第214回 さだまさし 「償い」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ところで、
この番組、ライブを聴きながら目をうるうるさせているかわいらしい女の子がよくアップになるけど 
これは仕込み客なんやろろうね  
2007/12/28 00:24|音楽番組

年末丼シリーズ4

糀屋(KOUJI-YA)」 (神戸・三ノ宮)
センタープラザ西館B1F 丼屋の激戦区
http://koujiya-kobe.com/
kyoukurdsas005.jpg

kyoukurdsas007.jpg

いろいろな番組で取りあげられたようだ
kyoukurdsas009.jpg


すじ玉丼 並盛 600円
kyoukurdsas008.jpg

意外においしかったね
2007/12/28 00:20|グルメ 一般

年末丼シリーズ3

はり重カレーショップ (大阪市中央区)
御堂筋と道頓堀の交わる角、ちょうど大阪松竹座の横にある 「はり重」
創業はなんと1919年(大正8年)。老舗精肉店である「はり重」は軽食用レストランとして
道頓堀カレーショップも運営している
kitakoza037.jpg

kitakoza035.jpg


ビーフワン \700・・・これじゃ何のことかわからないよね
「はり重」のサイトには「ビーフワン(他人丼)」と書いているんだけど
http://www.harijyu.co.jp/
kitakoza036.jpg

味は至って普通

 ※「ジャッカー電撃隊」の宮内洋演じる「ビッグワン」を思い出す・・・人なんていない
  だろうなぁ
2007/12/28 00:17|グルメ 一般

マキノリベンジ

ムッシュマキノ 少路店 (大阪府豊中市)
前回シュークリームを買えなかったのでリベンジ
kuirdi059.jpg

kuirdi060.jpg

開店 間もない時間からお客さんが多かったね
シュークリーム以外にも
紅茶シフォン 315円
kuirdi080.jpg

エミネントロール ショコラ 1260円 等を購入
kuirdi081.jpg


phjjoto2_3.jpg





2007/12/27 23:55|グルメ 持ち帰り

上品すぎるのかなぁ

GATEAU DES BOIS(ガドー・ド・ボワ)」
ブライダルカフェ (ハービス エント 大阪梅田)
gursads004.jpg

gursads005.jpg


「アンブロワジー ~ambroise~」
'91年「クープ・ド・モンド・パティスリー」日本人初のグランプリ受賞。

「ラ ギャラクシー ~ la galaxie ~」
'97年「メートル・ド・パティシエ」世界選手権味覚審査一位、特別賞受賞。
item_0609_p01.jpg

gursads017.jpg

両方とも1個630円もしたんだけどね。
この味 私はダメだった

おまけに持ち帰り方が悪かったので、帰宅後 箱を空けたら ケーキがぐちゃっとつぶれていた。
同じように持っていたよそのケーキはなんともなかったのに
もう少しキチンと入れて欲しかったなぁ 値段が高いんだから
2007/12/27 23:43|グルメ 持ち帰り

千尋の谷へ

神護寺(京都 高雄) 続き
kyoutoarashi131.jpg

境内の西にある地蔵院の庭からは、眼下に清滝川の清流がつくる錦雲峡を見下ろせる。
景色がいいね。まさに絶景。
kyoutoarashi140.jpg

kyoutoarashi141.jpg

kyoutoarashi143.jpg

kyoutoarashi136.jpg

kyoutoarashi137.jpg

ここではかわらけ投げ ができる。
kyoutoarashi144.jpg

店でかわらけを買って、フリスビーのように投げる。
かわらけは2枚で100円。本来は「厄除け」なんだけど、ストレス解消にいいかも。
kyoutoarashi138.jpg

ただ、勢いをつけて投げようと思うと柵が低いので下に落ちる危険性があるわね。

kyoutoarashi155.jpg

2007/12/27 11:03|関西近場紀行 神社仏閣

400段の階段

神護寺(京都 高雄)
私は仁和寺から京都市バス移動(京都駅からJRバスで50分くらいの所にある)

やはり一番気をつけるのはバスかな
西日本JRバスは ともかく京都市バスは1時間に1本しかない
http://www.city.kyoto.jp/kotsu/busdia/hyperdia/174031.htm
私は京都市バスで動いていたので、バスの発車時間までに戻ってこないといけない。強行軍。

最初は下りの階段を降り、清滝川に架かる高雄橋を渡ると神護寺の参道の石段。
kyoutoarashi115.jpg

kyoutoarashi156.jpg

合計400段らしい。最初の階段は段差は小さいんだけど、最後の方の階段は段差が大きい。
結構大変だ。
kyoutoarashi121.jpg

紅葉で足下がスベりそうなので気をつけながら行く。実質的に歩いたのは15分ほどだったけど、
疲れるね。その感覚は この写真ではわからないかな
kyoutoarashi123.jpg

kyoutoarashi125.jpg

kyoutoarashi128.jpg

kyoutoarashi130.jpg

kyoutoarashi133.jpg

kyoutoarashi134.jpg

kyoutoarashi146.jpg

kyoutoarashi129.jpg

kyoutoarashi132.jpg

kyoutoarashi145.jpg

kyoutoarashi147.jpg

kyoutoarashi149.jpg

kyoutoarashi150.jpg

kyoutoarashi153.jpg

kyoutoarashi148.jpg

kyoutoarashi126.jpg
2007/12/27 10:54|関西近場紀行 神社仏閣

年末丼シリーズ2

酒房 とまり木(大阪・肥後橋)
http://www.kansai.com/gourmet/G0001333
umehoru004.jpg

umehoru003.jpg

umehoru005.jpg

ランチ
親子丼(にゅうめんかソーメンがセット)780円
ulmehoru006.jpg

umekkhoru007.jpg


CooCoo(大阪駅前第3ビルB2F)
http://kazuuun.blog79.fc2.com/blog-entry-632.html
びっくり親子丼380円・・・・
kikyof107.jpg


まあこれが安すぎるんだけどね
2007/12/26 23:58|グルメ 一般

年末丼シリーズ1

ことこと(神戸三ノ宮) 
http://r.tabelog.com/hyogo/rstdtl/28002128/
hanbebsa094.jpg

センタープラザ西館B1F
ここは丼屋の激戦区 もちろん一番人気はカツ丼の「吉兵衛」かな
「長田本庄軒」の焼きそばも人気やね
その「吉兵衛」の裏手にあるのが「ことこと」

親子丼 カツ丼などが580円

これは親子丼
hanbebsa095.jpg
2007/12/26 23:53|グルメ 一般

安藤流

アンドリューのエッグタルト [Andrew's Original Eggtart]
http://www.eggtart.jp/
大阪道頓堀店
kuirdi087.jpg


「エッグタルト」 1個 180円
kuirdi094.jpg

「ショコラタルト」 1個 230円
kuirdi093.jpg

一般的にはエッグタルトの方が人気なんだろうけど
チョコ好きの私としてはやはりショコラタルトの方が好き
kuirdi092.jpg

01_image_honten.jpg
2007/12/26 00:25|グルメ 持ち帰り

チョコレートクリスマス

本年度 クリスマスケーキ第2弾は
神戸フランツFrantz
kyoukurdsas013.jpg

kyoukurdsas0133.jpg

神戸マイスターザッハ 3500円
kyoukurdsas098.jpg

kyoukurdsas099.jpg

http://www.frantz.jp/item/item.php?item_base_id=162
神戸生チョコたっぷりロール
kyoukurdsas100.jpg

http://www.frantz.jp/item/29.html
相変わらずチョコレートばかり
2007/12/26 00:22|グルメ 持ち帰り

KYサントリー

Dynamic Kitchen&Bar 響 hibiki」 (阪急四条河原町駅 コトクロス)
元カネボウのビルの場所に阪急創立100周年の2007年10月19日にオープンしたばかりの
コトクロス阪急河原町(阪急河原町駅に直結)
k-guma024.jpg

「コト」は古都を表し、さらに「k」は「京都」「河原町」の頭文字、「oto」は「大人」を
「クロス」は文字通り、「人や情報が交差する」
商業施設であり、また当施設が四条河原町の交差点に立地することを表しています。
http://www.dynac-japan.com/hibiki/
k-guma008.jpg

k-guma010.jpg


7階から下を見下ろす
k-guma013.jpg

k-guma014.jpg


宮崎日向鶏 チキン南蛮 1200円
k-guma017.jpg


山形牛のモツ煮豆腐1200円
k-guma023.jpg


日向豚のメンチカツ 1000円
k-guma020.jpg


コシヒカリ石釜炊き 950円
k-guma022.jpg


鮪あご肉天然塩焼き 950円
k-guma021.jpg


宮崎 日向豚と茄子のひしお味噌炒め 1000円
k-guma016.jpg

k-guma00818.jpg

k-guma019.jpg

などなど二人で14000円ほど

料理はよかったんだけど・・・・

気になったのが
人が話をしている最中にもかかわらず、やたらと注文を聞きにくる店員の接客
どうもサントリー系だけあって 特に空のグラスがあることは許せないようだ。
おかげで話の腰を折られたことは一度や二度じゃなかった。
一品の注文で何時間も粘っている客じゃあるまいしね。なぜしつこく聞きに来るのか?
注文をとるにしても、もうちょっとタイミングというものがあるだろうに。
あまりにしつこいので「欲しくなったらら頼むから 聞きに来ないでくれ」と言いたかった。
2007/12/25 23:55|グルメ 一般

結論ありき

「フランダースの犬」日本人だけ共感…ベルギーで検証映画
ベルギー北部フランドル(英名フランダース)地方在住のベルギー人映画監督が、クリスマスに
ちなんだ悲運の物語として日本で知られる「フランダースの犬」を“検証”するドキュメンタリー
映画を作成した。物語の主人公ネロと忠犬パトラッシュが、クリスマスイブの夜に力尽きた
アントワープの大聖堂で、27日に上映される。映画のタイトルは「パトラッシュ」で、監督は
ディディエ・ボルカールトさん(36)。制作のきっかけは、大聖堂でルーベンスの絵を見上げ、
涙を流す日本人の姿を見たことだったという。物語では、画家を夢見る少年ネロが、
放火のぬれぎぬを着せられて、村を追われ、吹雪の中をさまよった揚げ句、一度見たかったこの絵
を目にする。そして誰を恨むこともなく、忠犬とともに天に召される。原作は英国人作家ウィーダ
が1870年代に書いたが、欧州では、物語は「負け犬の死」(ボルカールトさん)としか映らず、
評価されることはなかった。米国では過去に5回映画化されているが、いずれもハッピーエンドに
書き換えられた。悲しい結末の原作が、なぜ日本でのみ共感を集めたのかは、長く謎とされてきた。
ボルカールトさんらは、3年をかけて謎の解明を試みた。資料発掘や、世界6か国での計100人
を超えるインタビューで、浮かび上がったのは、日本人の心に潜む「滅びの美学」だった。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071225-00000302-yom-ent

「フランダースの犬」って、最終話より、その一回前だろうか、
餓死寸前で雪の中フラフラになりながらもネロを探すパトラッシュ あのシーンに私は弱いのだ。

日本人の美意識の中に「滅びの美学」があることは否定できないけど、
「フランダースの犬」がウケた理由は単純に主人公達が「かわいそう」で、その境遇に同情する 
からじゃないのかな?「アニメ」のできがよかったしね
そもそも物語には「苦難に耐えて最終的にはハッピーエンド」というパターンの話の方が
多いでしょ。子供向けのモノだけではなく、一連の花登筐の作品にしてもそう。
全く救いがないまま「滅び」を描いた作品なんて少ないように思われるのだが。

「フランダースの犬」でも最終回ラストシーン

ナレーション
「ネロとパトラッシュは おじいさんやおかあさんのいる遠いお国へ行きました。
もうこれからは 寒いことも 悲しいことも おなかの空くこともなく みんないっしょに
いつまでも楽しく暮らすことでしょう」
http://www.youtube.com/watch?v=4CgnKs1cmpg


これは「滅びの美」じゃないよね。ネロとパトラッシュは天国に行ったってことでしょ
現世こそが苦しみであり、その苦しみから解放されたって感じなんだから
むしろキリスト教的「永遠の生」を手に入れたわけで、ある意味、これはハッピーエンドだよ
2007/12/25 15:54|ニュース(芸能)

イルミネーション巡りその6

イルミネーション巡りその6 京都編
ロームのイルミネーションhttp://www.rohm.co.jp/illumination/index.html
ROHM本社周辺に約60万個の電球を点灯
kyoukurdsas051.jpg

kyoukurdsas054.jpg

kyoukurdsas055.jpg

kyoukurdsas057.jpg

kyoukurdsas058.jpg

kyoukurdsas060.jpg

kyoukurdsas061.jpg

kyoukurdsas062.jpg

kyoukurdsas064.jpg

kyoukurdsas070.jpg

kyoukurdsas072.jpg

kyoukurdsas073.jpg

kyoukurdsas076.jpg

kyoukurdsas077.jpg

kyoukurdsas079.jpg




2007/12/25 15:11|関西近場紀行 その他

イルミネーション巡りその5

イルミネーション巡りその5 京都編
新風館烏丸御池
総電球数50000球を使ってロマンチックな光の街を演出
kyoukurdsas036.jpg

kyoukurdsas037.jpg

kyoukurdsas038.jpg

kyoukurdsas039.jpg

kyoukurdsas040.jpg

kyoukurdsas041.jpg

kyoukurdsas043.jpg

kyoukurdsas045.jpg
2007/12/25 15:07|関西近場紀行 その他

イルミネーション巡りその4

イルミネーション巡りその4 京都編
地下鉄松ヶ崎駅を降りた北山通り
kyoukurdsas034.jpg


ノーザンチャーチ北山教会

第一礼拝 18:30~ 第二礼拝 19:15~ 聖なるベルの祈り 20:50~
礼拝堂を開放し、クリスマス特別礼拝。門を入ると小さなベルをくれて、それに願い事を書き
ガーデンのツリーにに結んでおくと、その「聖なるベル」に牧師が祈りをささげてくれるという
趣向。
18時から整理券が配付だったんだけど、それまで中にも入れない。この日も中で挙式の組が
あったのだ。
kyoukurdsas014.jpg

kyoukurdsas029.jpg

kyoukurdsas027.jpg

外でみんな待ってる。その列は松ヶ崎駅まで伸びる
kyoukurdsas031.jpg

kyoukurdsas032.jpg

kyoukurdsas033.jpg

北山ル・アンジェ教会
お願いキャンドル
教会ガーデンに設置されたメインキャンドルから、ひとりずつトーチで小さなキャンドルへと
火をうつし、願いをこめてガーデン内の好きな場所へ置く。その願いが叶うよう、牧師が礼拝で
祈るという趣向 ここも人が多かった
kyoukurdsas015.jpg

kyoukurdsas028.jpg


北山迎賓館野尻佳孝率いるテイクアンドギヴ・ニーズ
KITAYAMA X’mas Fair
kyoukurdsas018.jpg

kyoukurdsas019.jpg

kyoukurdsas020.jpg

kyoukurdsas021.jpg

外観がきらびやかやわね

さすがノートルダム
kyoukurdsas023.jpg
2007/12/25 15:02|関西近場紀行 その他

ロールクリスマス

クリスマスケーキ
最初、堂島ロールで有名なモンシュシュの「ブッシュドノエル」
web_b-noel.jpg

にしようと思ったんだけど
出遅れて、予約をとろうとした段階で品切れ。

代わりに本年度第一弾は
同じくロールケーキでおなじみの Flat(エフラット)<大阪府豊中市・少路駅>のケーキ
チョコレート好きの私には たまらないロールケーキ おいしかった
1260円 
kuirdi078.jpg

kuirdi079.jpg

kuirdi083.jpg


ロールケーキを2割も値上げした割に保冷剤を別料金でとるのはいかがなモノか?
しかも21円・・・・
2007/12/24 01:10|グルメ 持ち帰り

せっかく行ったのに

ありこるーじゅ (大阪府和泉市・和泉中央駅)
kouyazamn215.jpg

徒歩15分くらいか? 遠かったなぁ
kouyazamn213.jpg

kouyazamn214.jpg


kouyazamn217.jpg


http://rollcake.net/

「ありころーる」が有名だけど、売り切れで買えなかった
2007/12/24 01:06|グルメ 持ち帰り

阪大GSE

大学学食シリーズ
京都大学「カンフォーラ」の「総長カレー」
http://kazuuun.blog79.fc2.com/blog-entry-334.html
同志社大学 新町キャンパス(生協食堂)「新町カフェテリア」の「チキン南蛮」
http://kazuuun.blog79.fc2.com/blog-entry-838.html
関西学院大学 学生会館新館1階 「三田屋本店」の「ステーキランチ」
http://kazuuun.blog79.fc2.com/blog-entry-946.html

阪急千里山線の北千里駅から「千里門」と呼ばれる吹田キャンパス西側の入り口
kuirdi075.jpg

もしくは大阪モノレールで阪大病院前駅を降りて・・
kuirdi064.jpg


大阪大学大学院工学研究科GSEコモン棟
大阪大学大学院工学研究科GSEコモン棟は 2002年に完成したウェスト棟と 2004年に
完成したイースト棟(高層棟)があり、イースト棟(高層棟)の15Fには
千里阪急ホテル直営のレストラン 「ラ・シェーナ」 が入っており、高層からの景色を
楽しみながら食事ができる。
kuirdi065.jpg

外からでも目立つビル
kuirdi077.jpg

 ※GSEは 大学院工学研究科(Graduate School of Engineering) の頭文字

大阪大学 千里キャンパス「ラ・シェーナ
千里阪急ホテル直営のレストラン
http://www.senri-htl.co.jp/lascena/

.kuirdi066.jpg

kuirdi067.jpg


ランチバイキング1300円
kuirdi069.jpg

バイキング料理の種類はそんなに ないけれど値段が値段だからね 

眺めはいい
kuirdi068.jpg

kuirdi070.jpg

kuirdi071.jpg

kuirdi072.jpg


2007/12/24 01:01|グルメ 一般

twitter 

ブログ村 

天気予報 


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード 

リンク 

このブログをリンクに追加する

Copyright(C) 2007All Rights Reserved.

Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.