このブログはコラムに身辺雑記を加えたものです。政治・経済の問題については 別ブログで書いてます。(場所は秘密)

FC2カウンター 

ブログ連続更新中 

カテゴリー 

カレンダー 

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ 

最近の記事 

ブログ内 記事検索 

太陽の力

日食観察メガネを購入し
http://kazuuun.blog79.fc2.com/blog-entry-2702.html
皆既日食に備えていましたが・・・

残念ながら大阪は
あいにくの天気で 雲が多くてよく見えませんでした

ただ最大8割もの部分日食だったのに
あまり暗くなったように感じませんでしたね
太陽のパワーはすごいものです

やはり
「昼に真っ暗闇を体験する」のは皆既日食でなければ いけないんですね

例の悪石島は大雨でテントからの退避勧告が出るような状態でしたが
「昼に真っ暗闇を体験する」ことだけはできたようです

germjlkgP1100053.jpg
NHKの番組で中継していましたが

いつの間にか
germjlkgP1100051.jpg
西田ひかるが
germjlkgP1100052.jpg
こんなおばさんになっていたこと
これが一番の驚き

久しぶりに見たのでギャップが・・・
2009/07/22 21:00|テレビ番組

6人目の男

SMAPがんばりますっ!!3時間生放送SP」
中居正広 木村拓哉 稲垣吾郎 草剛 香取慎吾

特に生放送である必要はなかったけど、キムタクが森且行の名前を出したのが
それらしいといえばらしかったかな。
散々VTR中は「いなかったことにされてる」存在だったからね
(あたかも共産圏で失権した人間のように)

秘話って程のものはなかった
光GENJIの諸星和己とキムタクの軋轢話なんかも触れられなかったし。
(この二人の関係は工藤静香を絡めると別の話になるけど)
メンバーが流動的だった初期のSMAPにTOKIOの国分太一やV6坂本昌行がいた話も
わりと有名な話。

そういえば国分も坂本も光GENJI「剣の舞」のバックダンサー「平家派」
(反町隆史もいた)だった。まあ いろいろ所属していた人たちだね。
平家派自体もけっこうメンバーが流動的だったようだけど
http://jp.youtube.com/watch?v=mCLlOhhje0I


SMAPがデビューしてミュージックステーションに初登場したのは1991年9月6日
デビュー曲「Can't Stop!! -LOVING-」を披露
(まだ司会はタモリと生島ヒロシの頃 TOKIOがバックで演奏している)
http://kazuuun.blog79.fc2.com/blog-entry-579.html

懐かしい映像と言うことで「アイドル共和国」「桜っ子クラブ」の
映像は出てきたけど「キスしたSMAP」のことは全く触れられなかった
SMAPを「平成のドリフ」と位置づけたジャニー喜多川社長が大阪で笑いを学ば
せるという意味合いがあったのに。朝日放送制作とはいえ、一応系列局なんだ
から。
※KinKi Kidsや関ジャニ∞への発言を考えるとジャニー喜多川の関西人に対する
イメージは「関西人だからしゃべりが達者」いう相当ステレオタイプのようだ

メンバーが挑戦する企画ものがあったんだけど、その中では
稲垣吾郎の「仮面ライダーG」ってよくできていた。タダの企画モノの割に凝った
作りだった。(敵役には上地雄輔登場)何より画面がフィルム撮影ぽかったのが
いいね。レギュラー番組にしてもいいんじゃないかってくらい。
2009/02/01 22:24|テレビ番組

深甚に思う

BSマンガ夜話
司会:大月隆寛、アシスタント:笹峯あい
レギュラー:いしかわじゅん・岡田斗司夫・夏目房之介

BSマンガ夜話第35弾
「ハチワンダイバー」柴田ヨクサル
ゲスト:小沢 一敬 (スピードワゴン)鈴木環那

「蒼天航路」 原案・李學仁/漫画・王欣太
ゲスト:山田五郎 藤崎奈々子 中田敦彦 (オリエンタルラジオ)

「よつばと!」 あずまきよひこ
ゲスト:宮地真緒

このままだと書かずに終わってしまいそうので、とりあえず
書いておきたい。ちょっとまとまりがないけど。
/////////////////////////////////////////////////

作品を読んでいない私でも楽しめた回はやっぱり「蒼天航路」かな
それにしてもこの回だけゲスト多すぎ

私は「NHK人形劇三国志」から 
http://kazuuun.blog79.fc2.com/blog-entry-23.html
(未だに私の中で諸葛孔明の声は森本レオだ)
「三国志演義」に 入ったくちで、横山光輝版も含め漫画は経なかった
ゲームの方は光栄「三國志」も「三國無双」もやっていない。
(特にSLGは「信長の野望」17ヶ国モードが限界だった 楽しめないんだわ)

この 「蒼天航路」はあくまで正史をベースにしているので曹操が主人公になって
いる。
翌日のいしかわじゅんの表現では
「漫画の登場人物は汗をかかないけど、読者が汗をかく漫画」

作画の王欣太がデザイナー出身ということもあって、
ヴィレンドルフのヴィーナス風 ゲルニカ風 アルタミラの壁画風・・・
週刊連載なのにも係わらず随所に遊び心が溢れており、楽しみながら描いている
感じ。とにかく絵を描くことが好きな人で、とにかく絵を一生懸命描いている。

絵でキャラクターの人格を表現することもあって、モブシーン(群衆シーン)
でもキャラクターをきちんとバラバラに描いている。
いしかわじゅんはそういう人の評価が高い。

登場人物は歌舞伎の見得にも似たポーズを決めているんやね。

今回も熱く語っていた山田五郎

山田五郎「(劉備)子供の頃から人徳ってのが気持ち悪くてさぁ。ソクラテスの
弁明とかでもさぁ ソクラテスよりメレトス のほうが正しいジャンって思って
いた くちだから。唯才のほうが説得力がある」
※唯才主義は曹操の人材登用策。徳か才なら「才」でしょっていう立場

私もひねくれているのか 劉備というキャラは好きになれない
孔明もそうなんだけど、嘘っぽいんだよね。「できすぎやろ」と思う。
徳が高く、民を思い、いかにも君主の理想像である劉備と何でも見通す天才的な
軍師・孔明。ちょっと、現実感がない、漫画的なヒーローに見えてしまう。

それにしても山田五郎がゲストとして呼ばれるのは 濃い漫画が多い
「アストロ球団」「嗚呼!! 花の応援団」「岸和田博士の科学的愛情」
「魁!! 男塾」「燃えよペン」・・・・

そうかと思えば
「ハートカクテル」なんて呉智英が語ることを忌避したものまで
語る

最後の方で紹介されたファックス
「尊敬する人物は陳宮」ということで 陳宮の話で盛り上がりつつ終わる。
深甚に思う 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
BS熱中夜話「ヒーローソングナイト」まだ書いていないなぁ
「クイーン」もちょっと書きたいし
2008/09/27 12:01|テレビ番組

表現の仕方

BSマンガ夜話
司会:大月隆寛、アシスタント:笹峯あい
レギュラー:いしかわじゅん・岡田斗司夫・夏目房之介

地上波再放送 
山田芳裕「へうげもの」  ゲスト 山田五郎/中田敦彦(オリエンタルラジオ)
雁谷哲原作・池上遼一作画「男組」ゲスト  大槻ケンヂ/角田信朗
羽海野チカ「ハチミツとクローバー」 ゲスト 吉井怜/佐藤大

「へうげもの」の回の話は少し書いたんだけど
http://kazuuun.blog79.fc2.com/blog-entry-1509.html
後の話は書きそびれていた。(最近そういうことが多い)
ちょうど地上波で再放送があった機会に ほんの少しだけ・・・

そもそも
このブログの最初の方でも書いたように、
http://kazuuun.blog79.fc2.com/blog-entry-6.html
http://kazuuun.blog79.fc2.com/blog-entry-888.html
私は現在マンガの単行本も雑誌を全く読まない。
恐らく中学の頃からだろうか?暇つぶしでもあってもマンガの類を読まなくなった。
だけど、なぜか「BSマンガ夜話」は好きなのである。
知らないマンガのことを語っているのにそれを聞くのが好きというのは
おかしいんだけど。

ただ
今回「男組」は読んでいなくても話を楽しめたけど、「ハチミツとクローバー」
はちょっときつかったなぁ。読んでいないとわからないわ。

「男組」の回で岡田斗司夫が
「格闘マンガ夜話になりそうだったら 止めてくれってスタッフに言われ・・」
っていう話をしていたけど、それは以前、こういう回があったため

BSマンガ夜話 「空手バカ一代」
yodokad8.jpg

アシスタント・佐藤江梨子 ゲストは佐竹雅昭 夢枕獏

マンガ夜話公開収録。収録は合計で2時間弱。オンエア版が1時間なので半分
に編集される。 今回から新アシスタントとして佐藤江梨子さんが入ったけど、
なんか調子が狂う。アシスタントではなく、自分を「タレント」として扱って
欲しそうなのだ
http://netcity.or.jp/OTAKU/okada/nikki/o2002/o0207b.html

ついに今夜はマンガ夜話「空手バカ一代」の日!
しかし嫌な予感がしたとおり、やはり格闘技話に流れてしまう。それも司会の大月
さんが率先して「現在の極真はどうなんですか?」とか聞き出す始末。放送終了後、
楽屋で「今日の戦犯は大月さんですよ」と言うと「だってそっちの話の方が面白いん
だもの」と返された。大月さんらしい冗談かも知れないけど、ちょっと腹立ったなぁ。
いつもの「マンガ夜話」だったら「このマンガの見所は」「好きなシーン」
「好きなキャラ」など、マンガ自体を語るネタがいっぱいあるはずなのに、今回は
とにかく「梶原は」「極真は」の繰り返し。あきらかに失敗作になってしまった。
本当に悔しいなぁ。
http://netcity.or.jp/OTAKU/okada/nikki/o2002/o0208a.html

この時の佐藤江梨子のアシスタント振りはひどかった。歴代で一番よくなかったかもしれない。
思い起こすと川村ティナなんかも かなりひどかったけどね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
いしかわじゅんのブログより

BSマンガ夜話第35弾
9月16日(火) 深夜24:00~
柴田ヨクサル 「ハチワンダイバー」 (公開収録分)
ゲスト:小沢 一敬(スピードワゴン)/鈴木環那(女流棋士)

9月17日(水) 深夜24:00~
原案・李學仁/漫画・王欣太 「蒼天航路」
ゲスト:山田五郎/藤崎奈々子/中田敦彦(オリエンタルラジオ)

9月18日(木) 深夜 24:00~
あずまきよひこ「よつばと!」
ゲスト:宮地真緒

「マンガ夜話」2日目のゲストが追加になった。前にも出たオリエンタルラジオ
の中田敦彦くんだ。ということは、2日目のゲストは3人か。
ただでさえ口数の多い山田五郎と中田敦彦に挟まれて、 藤崎奈々子は、いったい
なんのために……。運が悪かったなあ。いやまだやってないけど。

ちなみに、「ハチワンダイバー」の回について 、収録直後の二人のコメント

夏目房之介

ゲストは、プロ棋士の鈴木環那さんと、スピードワゴンの小沢一敬さん。
鈴木さんは将棋の世界を語ってくれて、『ハチワン』のリアルなとこがわかって、
じつに面白かった。収録なのでカットされるかもしれないことまで話してもらって
ありがたかったなぁ。面白い人だ。プロを目指すような人とかって、じっさい
『ハチワン』のように子どもの頃から将棋漬けで、女の子とつきあったこともない
ようなのがいるんだそうです。なるほどなぁ。
小沢さんも、収録ということでレギュラーにもフォローする余裕があり、
のびのびと話していて、よかった。
http://blogs.itmedia.co.jp/natsume/2008/07/post-17fe.html



いしかわじゅん

公開録画というくらいで、生放送ではない。だから、1時間きっちりで撮らないで、
かなり長く撮って編集する。ゲストのふたりは、初めての出演なので、つい自分の
ことを話してしまうが、それは求められていない。
スピードワゴンは自分の合コン話をするし、女流棋士は子供のころから将棋一筋
だった話をするが、それはこの番組では要らない。
生だったら時間がもったいないんですぐ話を変えるんだけど、まああとで編集する
だろうと思うと、鷹揚な気分で話をさせておく。
そのへん、編集するとちょっと生と印象が違う理由かな。
http://ishikawajun.com/recent.html


やっぱり 二人は コメントの仕方が違いますねぇ(性格の違いか)。面白い。
2008/09/13 11:06|テレビ番組

とことん!ルパン三世(後編)

BSアニメ夜話スペシャル とことん!ルパン三世
後編

総合司会 里匠 加藤夏希

テレビ第一シリーズ23話を一挙に放送。さらに、第二、第三シリーズ全205話の
中から 人気投票で選ぶ上位作品を放送という趣向

新シリーズ 第69話 「とっつあんの惚れた女」 166票
新シリーズ 第99話 「荒野に散ったコンバットマグナム」 414票
新シリーズ 第112話 「五右ェ門危機一髪」 173票
新シリーズ 第137話 「華麗なるチームプレイ作戦」 211票
新シリーズ 第145話 「死の翼アルバトロス」 1019票
新シリーズ 第155話 「さらば愛しきルパンよ」 1096票
PARTⅢ 第7話 「死神ガーブと呼ばれた男」
※PARTⅢの中で得票が多かった作品 46票

【BSアニメ夜話 ルパン三世】
岡田斗司夫 横山智佐 ミルクマン斉藤 友永和秀
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
<私とルパン三世>

「ルパン三世」はTVの第2シリーズで知ったんだけど、おそらく本放送も見て
いたんだと思う。

ちょうど本放送が終わる頃に「お笑いスター誕生!!」(ウッチャンナンチャン
とんねるず らを輩出した番組)が山田康雄の司会で始まっており、子供心に
「ルパンが終わるので、代わりに山田がこの番組を始めるのか」と思ったので、
本放送を見ていたはずなんだよね。その辺りは記憶に定かではないんだけど。

ちなみに、「お笑いスター誕生!!」が終わってからは、関西では
この日曜正午?の枠は「ルパン三世」の再放送枠だった。
確か寺沢武一の「スペースコブラ」の再放送もこの時間帯だったような・・・・

今回改めて第1シリーズの放送を見て、第1シリーズ第2シリーズの違いはよく
わかった。
もちろん、ストーリーが子供向け 大人向けという違い、個々のキャラクターの
性格づけも大きく異なるんだけど、
「個の集団」と「チーム」という違いがあったんだよね。

第2シリーズでは
毎回4人のメンバーとそれを追いかける銭形が登場してきて、そのおなじみの
5人が世界を舞台に鬼ごっこをするというワンパターン。4人のチームでの行動
(銭形を入れれば5人)で、場所は違うけどやっているとは基本的には同じって
こと (これは放送する日本テレビ側の要求に沿った形だったらしいけど)

それに対し第1シリーズはあくまで「個」なんだよね。
メンバーが「ルパンファミリー」とは言い切れないちょっと不安定な感じを残す。
各人が自分の意志を持っているんだよね。そこに馴れ合わない緊張関係がある。

ルパンがミッション毎に仲間を募り、それにのったメンバーでチームを作る感じ
が残っているんだよね。
「雨の午後はヤバイゼ」ではハンマーの岩鉄やマンダラの辰を仲間にしていた。
不二子は不二子でお子様ランチなど自分の部下を持ってチームを作っている。
(マンダラの辰も実際は不二子側についていた)
※岡田斗司夫は不二子は「ゲゲゲの鬼太郎」でいうところのネズミ男だって
言っていた。その裏切りキャラが。

不二子といえば第1シリーズの声優は二階堂有希子だけど「エメラルドの秘密」
ではキャサリン役で増山江威子が登場。新旧不二子の共演だったんだよね。
やっぱり不二子は二階堂の声の方がいい。増山の声ってどうしても
「天才バカボン」のバカボンのママを思い出してしまうんだよね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以下 雑感

人気投票で選ぶ上位作品を放送ということだけど
宮崎演出の2作以外の

第69話 「とっつあんの惚れた女」
第99話 「荒野に散ったコンバットマグナム」
第112話 「五右ェ門危機一髪」
第137話 「華麗なるチームプレイ作戦」

これって本当に投票数だけで選んだのかな??
それぞれのメンバーのキャラが立った作品とチームプレー作品が上位だった
って出来過ぎのような気がするんだけど。

それにしても全体的にツッコみどころ満載の作品。
「五右ェ門危機一髪」なんて、ルパンの弱点を聞くためだけに
五右ェ門を捕らえ、拷問にかける。弱点を聞いて何になるんだろうか?
弱点を聞くこと=倒すことにつながらないのにね

まあ 第1シリーズの「7番目の橋が落ちるとき」も不条理な話だった
あのラストシーン。ルパンが手錠をかけられたまま銃を撃つシーン。
アレはよかったけど。そもそもこの話
ルパンに現金輸送車の襲撃計画を実行させるため、全くルパンに関係ない
リーサという少女を捕らえ、それを人質にし、その命を助けることと
引き換えに自分の立てた現金輸送車襲撃計画の実行をルパンに要求すると
いう変な話。

「カリオストロの城」のクラリスの話にも繋がるような話ではあるん
だけど。

第2シリーズの一番の迷作はミルクマン斉藤と氷川竜介が挙げていた
「1999年ポップコーンの旅」なんだろうか?
私は「チューインガム変装作戦」などのブロードウェイシリーズなんかは
特に嫌いだったなぁ。下らなすぎて。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
第145話 「死の翼アルバトロス」
第155話 「さらば愛しきルパンよ」

いろんな意味で宮崎駿演出らしい作品

どちらも結局「軍需産業を悪」に描き、それを懲らしめる正義の「ルパン」
という形なんだよね。
特に「さらば愛しきルパンよ」ではロボット兵ラムダに対抗するためだとは
いえ国防軍が、自動車をつぶし、ビルに大砲を撃ち、市民生活を破壊する
存在(直接は描いていないけどそれで死者も多数出た)だっていう描き方
でしょ。まあ宮崎の思想が出ている作品だね

以前書いた話に


「ルパン三世」2nd 第155話(最終話)「さらば愛しきルパンよ」
との関係を書いておこう

この話に出てくる、「ルパン三世 カリオストロの城」のクラリスっぽい子
「小山田マキ」役 の声優はクラリス役と同じ島本須美であるが、
ここに出てくる「装甲ロボット兵ラムダ」の造形 これがまさに
「天空の城ラピュタ」にでてくる 「ロボット兵」なんよね
※もともとは「スーパーマン」シリーズの「メカニカル・モンスター」に登場
したプロペラ付ロボット なんだそうだが

まさに宮崎アニメの原点のような作品なんだわ
まあこの「さらば愛しきルパンよ」も「ルパン三世 カリオストロの城」も
私はルパンの世界観をぶちこわしていると思うけどね 
悪と戦ういい人のルパンというのは・・・・・

ルパンが簡単に人を殺すことは宮崎駿がお気に召さないようだ 

そういえば宮崎はルパン第2シリーズの峰不二子の扱いもお気に召さない
ようだ。いわゆる裸を出すような直接的色気はどうもお嫌いらしい
この話は宮崎アニメに漂うロリコン臭との関係で論じることができるのかも
しれないね
http://kazuuun.blog79.fc2.com/blog-entry-228.html


宮崎演出の回は次元と不二子の存在感がないんだよね。

今回改めて見て、作品としての出来はともかくとして
「やっぱりこれがルパンである必要は全くない」って思ったわ。
特に「さらば愛しきルパンよ」世界観が第2シリーズと全く違うしね。
2008/08/06 23:40|テレビ番組

とことん!ルパン三世(前編)

BSアニメ夜話スペシャル とことん!ルパン三世
前編

6月の「BSマンガ夜話」も 「へうげもの」の回を書いただけで
「男組」「ハチミツとクローバー」の回は書いていなかったね。
最近、バタバタしていて 書きたい話はいろいろあるのに 
なかなかブログ記事が書けていない。

なのに
この間の27時間テレビに続いて
「BSアニメ夜話スペシャル とことん!ルパン三世」(4日間・17時間)・・・・
やっぱりこれはちょっと触れておきたい。

総合司会 里匠 加藤夏希

テレビ第一シリーズ23話を一挙に放送。さらに、第二、第三シリーズ全205話の
中から 人気投票で選ぶ上位作品を放送という趣向

新シリーズ 第69話 「とっつあんの惚れた女」 166票
新シリーズ 第99話 「荒野に散ったコンバットマグナム」 414票
新シリーズ 第112話 「五右ェ門危機一髪」 173票
新シリーズ 第137話 「華麗なるチームプレイ作戦」 211票
新シリーズ 第145話 「死の翼アルバトロス」 1019票
新シリーズ 第155話 「さらば愛しきルパンよ」 1096票
PARTⅢ 第7話 「死神ガーブと呼ばれた男」
※PARTⅢの中で得票が多かった作品 46票

【オープニングスペシャル ~わたしの愛するルパン~】
井上伸一郎 栗田貫一 佐藤江梨子 寺脇康文 チャーリー・コーセィ

【BSアニメ夜話 ルパン三世】
岡田斗司夫 横山智佐 ミルクマン斉藤 友永和秀
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【ルパン三世 誕生秘話】
モンキー・パンチ <原作> おおすみ正秋 <ファースト演出>
大塚康生 <作画監督>

東京ムービーのプロデューサー藤岡豊は「大人のためのアニメ」を目指し
アニメ化に反対していたモンキーパンチの説得にあたった。
原作者説得の切り札にパイロットフィルムを制作。
RUPOOO001.jpg
RUPOOO004.jpg
峰ルックのアラカルト

ルパン三世(野沢那智)次元大介(小林清志 )
峰不二子(増山江威子)石川五ェ門(納谷悟朗)
銭形警部(近石真介 サザエさんの初代 マスオの声)
RUPOOO006.jpg
※明智小五郎は確か 本編には出てこないね

これを見て原作者のモンキー・パンチはOKを出した。
プロデューサー藤岡が演出を任せたのが おおすみ正秋 
作画監督は大塚康生
だが、大人向けアニメとして企画された「ルパン三世」の売り込みは難航。
パイロットフィルム制作開始から2年、テレビ版のパイロットフィルムに
よみうりテレビのチーフプロデューサー佐野寿七が興味を示した。

大人の鑑賞に堪えるため おおすみが示した演出方針
①小道具実証主義(本物の迫力を出すためにリアリティーを追求)

その点 大塚康生の武器・車等々の知識が大いに役立った。
次元はリボルバーを使うという蘊蓄やルパンはワルサーP38を使うなど
(原作では登場していない)
武器を決めるのにキャラクターと一致させようといていたそうだ。
ルパンの乗る車は車はエクスキャリバー 資料がなくて 当時日本に
二台しかなかったらしい。
ルパン第2話で魔術師パイカルが乗る車メッサーシュミットなど
全部キャラクターと結びつける作業が楽しかったらしい

そのパイカルを倒すためにルパン達が使った武器
ストナー63重機関銃 レッドアイガンランチャ
これもセリフでわざと 言わせているんだよね

②キャラクターの仕草の表情に時代の気分を反映させること
アンニュイな感じを漂わせること

1971年10月24日(日曜日)第一回放送が始まる。
当時の新聞記事
「10月24日スターが二人誕生」
その名は草刈正雄とルパン三世

※草刈正雄は和田アキ子 大石吾朗 とともに
「資生堂・サンデーヒットパレード」の司会

期待の中で始まった「ルパン三世」だが
だが、初回の視聴率は6%

第3話が終わった段階で藤岡とおおすみが よみうりテレビの編成担当から
呼び出された。
「子供向け」へ方針転換を命じられたが、おおすみは反発。番組を降板。
その日を境に制作現場に一歩も足を踏み入れていないそうだ。
机に私物を残したまま。引継ぎなども全くなかった。
そして
残された人たちが作ったルパンは見ていないんだそう。

<続く>
2008/08/05 23:35|テレビ番組

27時間テレビ 懐古風(後編)

「FNS27時間テレビ!!みんな笑顔のひょうきん夢列島!!」
明石家さんま ビートたけし タモリ 大竹しのぶ 笑福亭鶴瓶 島田紳助

テレフォンショッキングのゲストとして さんま登場
27f000028.jpg
27f000029.jpg
もう さんまが「笑っていいとも!」のレギュラーだったことすら知らない世代も
いるわね。
そもそも さんまは「笑っていいとも!」の前番組「笑ってる場合ですよ!」のレギ
ュラーだったけど、番組は82年に終了。そして、その後「笑っていいとも!」が
始まったが、さんまは当初はレギュラー出演していなかった。

そんな中、さんま はテレフォンショッキングのゲストとして初めて出演する。
レギュラー番組 ABCラジオ「ポップ対歌謡曲」を休んでね。
さんま曰く 番組の雰囲気にあうかあわないかを試すという テスト起用という
意味もあったらしい。
(「水戸黄門」に黄門役にニセ黄門役で出たり、「太陽にほえろ!」に刑事役以外の
ちょい役で出るのと同じ感じなのかな)

テスト起用というと大げさだけど、実際、あの頃 今ほど全国ネットで(というか
東京では)大阪弁のしゃべりは受け入れられていなかったんだよね。
月亭八方も「いいとも」レギュラーだったけど 番組にあわなくて
途中から コーナータイトルが「八方ちゃんとなじもう!」になってしまった
くらいだ。実質ワンクールくらいのレギュラーだったかな。

さて、さんまのレギュラー出演が決まったんだけど、
担当コーナー企画が代わり、「珍発明コンテスト(だったかな?)」になった時
コーナーの時間が来て、タモリが登場。応募が一通もなかった事を告げる。
そこから二人の雑談。

これが「タモリ・さんまの日本一の最低男」というコーナーの始まりだった。
(コーナー名はあとからついた)
これが金曜日の長期コーナーになるんだよね。以後、コーナー名は変わっても、
「二人の雑談」という形式は変わらず。11年くらい続いたんだろうか。

ちなみに
原口あきまさとコージー冨田の出始め、二人がさんまとタモリのコンビの物まね
としてセット出演だったのは「笑っていいとも」の このコーナーを意識していたん
だけどね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ネプリーグ」出演の前に「HEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMP」の収録現場に
乱入するさんま。ゲストはkinki kidsや徳永英明のようだ。
27f000013.jpg
27f000012.jpg
 「ネプリーグ」に変わって出演してくれるよう ダウンタウンに
依頼するさんま
疲労のピークらしく 本気で休みたがってるようにも見えた
27f000011.jpg
そういえば
さんまとダウンタウン松本人志との不仲説の話は一度書いた。
「さんまのまんま」に松本がゲスト出演した時の話で
http://kazuuun.blog79.fc2.com/blog-entry-150.html
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「サザエさん」オームニング
27f000030.jpg
27f000031.jpg
本編
27f000032.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「オレたちひょうきん族」のディレクターだった三宅恵介が定年を迎えると
いうことで、さんまに総合司会を依頼した今回の「27時間テレビ」だけど
実は定年が2年延長されたというオチが・・・・

最後は
27f000027.jpg
「しょうゆうこと」で決まる 絵柄としてはきれいな終わり方


2008/08/01 10:32|テレビ番組

27時間テレビ 懐古風(中編)

「FNS27時間テレビ!!みんな笑顔のひょうきん夢列島!!」
明石家さんま ビートたけし タモリ 大竹しのぶ 笑福亭鶴瓶 島田紳助

今回の27時間テレビは久しぶりに「お笑い芸人ビートたけし」が活躍??をした番組だった。

まず深夜

タレント、明石家さんま(53)が19年ぶりに総合司会した26-27日の
「FNS27時間テレビ!!」(フジテレビ系)の平均視聴率が13.8%
(関東地区、ビデオリサーチ調べ)を記録。 1997年に「27時間テレビ」と
なって以来、歴代3位の高視聴率だった。
 番組は「オレたちひょうきん族」(1981-89年)を再現したような豪華
お笑いタレントが総出演。中でもビートたけし(61)の毒舌が際だった。
27日未明、「さんま・中居の今夜も眠れない」のコーナーでは乱入したたけしが
タレント、山本モナ(32)と巨人・二岡智宏(32)の不倫騒動について、自ら
話題を振った。AV女優・穂花(ほのか)の話題で盛り上がり、「さんま、やった
んだろ」と突っ込んだたけしが、続けて「山本モナ、やっただろ」と毒づいた。
続けて「モナちゃんでフジテレビに迷惑かけちゃって、どうしてくれんのよ?」と
嘆き節。二岡の応援うちわを手に「二岡、コノヤロー」と八つ当たり。
これには、さんまが「二岡は悪くないねん」と応じ、たけしが「だって(ラブホに)
連れてったんだろ?」と畳みかける。 さんまは「モナちゃんも悪くないねん。
行動がいけないだけ。“性”が悪い」と2人でモナを擁護した。
このほか、27時間テレビでは笑福亭鶴瓶(56)が初孫誕生を生放送中に報告
したり、 SMAPの木村拓哉(35)がタケちゃんマンならぬ“タクちゃんマン”
に扮して、炎天下でさんまのブラックデビルと死闘を演じるなど「オレたちひょう
きん族」をほうふつさせた。
http://www.zakzak.co.jp/gei/2008_07/g2008072801_all.html


さんまの取り出した二岡うちわ
27f005.jpg
それを手に取るたけし
27f006.jpg

(オフィス北野)がモナに謹慎を命じた背景にはオーナーでもあるビートたけし
の意向も強くあるはずだ。前回の不祥事後、モナはたけしの後押しでバラエティー
番組からやり直した。モナの奮闘もあり、メーンキャスターに抜てきされるまでに
なったが、わずか1度の放送で番組を離れる失態。たけしの顔に泥を塗る形だけに
キャスター以外の仕事も許さない、処分となったようだ。ただし「社内での指導・
教育に努めてまいります」と、解雇の厳罰までは考えていない。
http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20080711-382286.html


「週刊誌がさあ たけし激怒なんて書いてあんだよ。
俺、嬉しくてしょうがない。 でもさ、たけし喜んじゃってるとも言えないだろ。
だから 黙ってるんだけどさあ」
たけしらしい反応

http://jp.youtube.com/watch?v=GyjR1SkgH8U

たけしの毒舌芸の真骨頂かも。

「テレビで言ってはいけないことを言って笑いをとる」というこの芸風、
最近では爆笑問題・太田光が継承しているけど 
「スタ☆メン」での太田光を見た時 思ったのが、
「この人、自分の言いたいことを まとめて言うの下手だなぁ」ってこと。
「サンデージャポン」のような 短いコメントはまだも、ちょっと長くなるとぐだぐだに
なるんだよね。
もうひとつ
ただ「言ってはいけない(普通は配慮して)言わないことを言う」だけで
終わってしまっているケースも多々あるんやね。
時には本人を前にしても言うことも。

人への配慮なく、空気も読まず、言いたいことを言うだけってのは捻りがない。
それじゃあ いくらなんでも子供っぽ過ぎるって私は思うんだけど

それはともかく

翌日
ナインティナイン岡村隆史とさんまの車にペイントしたあげくに車を暴走させる。
これは「1億人のテレビ夢列島」以来のたけしの狂気芸だけど。
http://jp.youtube.com/watch?v=gq6IOsBhJOE

27f000014.jpg
27f000015.jpg
27f000016.jpg
27f000017.jpg
27f000018.jpg
27f000019.jpg
27f000020.jpg
こういう時の リアクションが苦手なナイナイ岡村。

最終的に今田耕司にぶつかる。
27f000024.jpg
27f000025.jpg
これはちょっと危なかった。
ただ 今田の後ろを見ると、車庫入れ?ためのブロックコーナーが。
本当は段取りでは「1億人のテレビ夢列島」と同じように、さんまの車を車庫入れ
(というかブロックにぶつける)という予定やったんやろうね。

今田が一番危なかったのはその前のシーン
ナイナイ岡村を窓から運転席に入れる今田
27f000021.jpg
スベってしまい
27f000022.jpg
車の後輪に轢かれそうになった
27f000023.jpg
この後のコーナーではこんな感じで司会を
27f000026.jpg

2008/07/31 07:33|テレビ番組

27時間テレビ 懐古風(前編)

27時間テレビ 懐古風(前編)

「FNS27時間テレビ!!みんな笑顔のひょうきん夢列島!!」
明石家さんま ビートたけし タモリ 大竹しのぶ 笑福亭鶴瓶 島田紳助

生で見た部分は12時間ほど、残りは録画で とばしとばし。

こういう機会でもないと この手の話を書くことがないので、
昔話を絡めながら
まず「ヘキサゴン」の件から。

昨今、この番組から「おバカタレント」という括りのタレントが輩出されている。
羞恥心(つるの剛士・上地雄輔・野久保直樹)やPabo(里田まい・スザンヌ・
木下優樹菜)なんていうユニットは歌まで出している。
この「おバカブーム」はそれはそれとして考えてみたいテーマだけど、
それはおいておいて

「クイズの珍解答で笑いをとる」という仕掛け自体は 私は現在放送中の
「痛快!明石家電視台」のクイズコーナーをまず思い出す。

前に書いた記事から

明石家さんまが、大津びわ子、長江健次らとともにパーソナリティを務めていた
「MBSヤングタウン月曜日」(1983・04~1989・09)
(中略)
このメンバーに、さらに押しかけ的にレギュラーに加わったのがジミー大西だ。
もともとジミー大西は ぼんちおさむの弟子だったが、明石家さんまがジミーの
面倒をみるようになり、さんまの運転手となる。そのジミー大西の教育係が
村上ショージ だった。調教に近い感じでギャグのタイミングなどを訓練した
らしい。
※そのジミー大西は常識的な知識が全くないと言うことで、番組にクイズの
コーナーができた。現在MBSの「痛快!明石家電視台」でクイズのコーナーが
あるのは、このコーナーの名残りである。
それほどジミー大西のボケは突拍子もないものだった。
http://kazuuun.blog79.fc2.com/blog-entry-555.html


私はジミー大西の突拍子もないボケが好きだったんだよね
※萩本欽一がボケ具合を気に入って一時 番組に使ったけど
その時 ジミーを評した言葉が「天然だね」 
(このエピソードもラジオで聞いたわ)
「天然ボケ」という言葉の第一号という説もある 

ジミー大西が芸能界を引退して
間寛平・村上ショージらがボケをしているんだけど・・・・

ちょうどジミー大西がレギュラーを降りた時くらいから何年かは全く見てい
なかった。 クイズのコーナーはジミー大西の超絶的なボケがあってこそ成り
立っていたというのは 今でも思っている。今のクイズコーナーでの
「芸人としてのボケ合戦」は私にとってはあまり面白いものではない。
http://kazuuun.blog79.fc2.com/blog-entry-608.html



さて
今回の27時間テレビについては・・・・・

たださんまさんは、「ヘキサゴンⅡ」に出るのは少し心配していました。それは
さんまさん世代の芸人はクイズ番組では「ボケる」ように教育されているからです。
それよりも僕が心配なのは、さんま軍団として一緒に出る予定のジミー大西さん
たちが「ヘキサゴンⅡクイズパレード」のできあがっている空気の中で浮かないか
ということです。たいぞうさんがイマイチ視聴者に受け入れられなかったように、
「ヘキサゴンⅡ」では羞恥心やPaboのように「イケメンなのにおバカさん」
「かわいいのにおバカさん」などの方がおもしろがられるからです。しかも彼らの
「天然」のおバカな解答がウケているのです。そんな中に参戦しなければなら
ないのです。
http://wwwx.fujitv.co.jp/zoo/blog/index.jsp?cid=180&tid=388


という懸念もあったようだ。
27f001.jpg
紳助とさんまの昔話自体は「今まで何回聞いたか」ていうくらい
聞き慣れた話だったんだけど

いよいよクイズ
ジミーのボケが炸裂 面白かった
27f002.jpg
「ご機嫌斜めですね」
27f003.jpg
息もピッタリ

久しぶりに明石家さんまの「腹話術」が見ることができた。
誰かに対する言葉をジミーに言わせるやつね。

27f004.jpg

ジミーの連想がわかり ジミーがしゃべる前に 笑い出すさんま

Yahoo!知恵袋

27時間テレビの、ヘキサゴンの出演者は・・・。

さんまさんが5名連れて来ましたが、実際に選んだのは誰なのでしょう?
今回私は、ジミーさんのために、番組台無しで残念だと思ったのですが、
面白かった方もいるのでしょうか?

絵の才能は素晴らしいと聞きますが、生放送のクイズ番組にどうして出したの
でしょう。あの出演では、彼のマイナス点が強調されただけだと思いますし、
イラついた視聴者は多いのではないでしょうか?

ヘキサゴンは大好きなので最後まで見ましたが、何度テレビを消そうと
思ったか・・・。
どうしてもっと面白いメンバーを選ばなかったのでしょう?
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1018019835



まあ笑いのポイントなんて人によって違うんだろうけど。
世代によっては絵が本業だと思っているんだね。私からすれば
あの姿がジミーの本来の姿であり、魅力だと思うんだけどねぇ。
私は普段の「ヘキサゴン」を見ていないので、わからないんだけど、
「ヘキサゴン」ファンは嫌だったのかも。
ただ、今回は「ヘキサゴン」にさんまが参加したのではなく
さんまの番組中に「ヘキサゴン」がワンコーナーとして登場した
ってことだからレギュラーメンバーの影が薄くてもやむを得ないと思うけど。

それはともかく

なぜ「Yahoo!知恵袋」で質問という形なんだろうか?
これは質問とは言えないよね。
「教えてgoo」でも この手の愚にもつかない「質問」という名の
「同調者募集」が多い。
いちいち自分の感想に同調してもらわないといけないのかなぁ。
女の子がよくやる「そうよそうよ」ってやつなのかな?

ふと思ってしまった。
2008/07/29 23:22|テレビ番組

加護亜依復帰

さんまのまんま
2年ぶりのテレビ復帰だそう。

加護から2週間前から飼いだしたトイポメラニアンに名前を付けて欲しいと
いわれたさんま

「辻ちゃん」は?「カムバック」は?「ふっき君」は? 「パスポは?というさんま
これって「taspo(タスポ)」 のボケ間違いじゃゃないのないの?

加護がさんまに「どうやったらタバコを完璧に止められるか」聞いてたけど・・・・
2008/07/04 23:51|テレビ番組

twitter 

ブログ村 

天気予報 


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード 

リンク 

このブログをリンクに追加する

Copyright(C) 2007All Rights Reserved.

Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.