このブログはコラムに身辺雑記を加えたものです。政治・経済の問題については 別ブログで書いてます。(場所は秘密)

FC2カウンター 

ブログ連続更新中 

カテゴリー 

カレンダー 

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ 

最近の記事 

ブログ内 記事検索 

大河ドラマ「八重の桜」スタートにあたって(後編)

今回は大河ドラマとしては難しいパターンです

要は
主人公が本当に何もやっていない人
なんですよ

歴史を動かした人ではありません 市井の人に近い
(そういう女性の波乱に満ちた人生を描くのは「朝ドラ」)
一応 何かやってないかと資料を調べてみたんですが・・・・・

こういう場合
最近の傾向は
「実はこれはこの人が考えたことで・・・・」と嘘をついて
主人公の功績にすることなんですが・・・・・
夫が新島襄ですから 政治家でもありませんし

大物政治家に意見を具申してそれが採用され 大きな政策決定され
歴史を大きく動かした
なんていう大嘘はさすがにつけませんから(いや・・・つくのかな・・・・)

まだ兄の山本覚馬を主人公にした方が政治は描けますよ
(どちらにせよ槇村正直の小野組転籍事件はどう描くのかな?
主人公の兄がかかわっているから正義に??)

そんな場合
市井の人物たる主人公を狂言回しとして歴史を描くという手法が
とられるべきなんですね

実際 過去に会津側から歴史を描いた「獅子の時代」という作品があり
主人公は架空の人間ですが 幕末から明治という時代の移り変わりに
翻弄される庶民の側から歴史がドラマチックに描かれ
大河ドラマの中でも名作の一つに数え上げられる作品となっています
ただ あの脚本は山田太一ですからねぇ 
今回の脚本家にそこまでの力量があるとは・・・・・?

新島八重は満州事変の頃まで生きた人なので、
幕末から日露戦争という時期を描く上での狂言回しとしてはぴったりでは
あります。新島襄は日清・日露も始まる前に死んでいますからね。
新島八重という人物を通じてなら幕末の会津戦争から明治の終わりまでの
時代状況が描けます。
ただ「日清・日露両戦争では自ら望んで看護師」ってわざわざ言うと
ころから見れば「単に『坂の上の雲』で作った映像の使い回しをするため」
とか穿ってしまいますね。

問題は・・・この人って今の大河ドラマ的な女性ではないんですが、
どうするんでしょうか?
新島八重は戊辰戦争で断髪、男装して式スペンサー銃で新政府軍と戦った
人物ですからね。
(おまけに、「大河ドラマ」の主人公としては性格的にもあまりいい人には・・・・
まあ、「篤姫」の美化の仕方を見れば、それはクリアできるかな。)
今の「大河ドラマ」だと、戦国時代ですら女子は平気て「戦は嫌じゃ」
なんて言う、平和主義者扱い。当時としては ほぼあり得ない価値観、
それ以外にも もし思ったとしても言わない(言えない)ことを平気で言う。
夫に普通に意見するんですから、男尊女卑の時代とは思えない。
夫婦愛を描くためには、側室がいないことにされたり、まあめちゃくちゃ。

女子が主体的に政治に参与できない時代に、女子が主役のドラマを作ると
どうしても「●●がしたことは実はこの人の意見」でという捏造をする
わけですね。それだけ主体的な女子を描きたければ、また日野富子や
北条政子でも主人公にして描けばいいのに・・・とは思いますが。
http://kazuuun.blog79.fc2.com/blog-entry-5572.html



ちなみに
新島八重の外見は・・・・・・綾瀬はるかではないですよ
以前何かで森三中の大島美幸が演じたことがありましたが
見た目からいえばぴったり

まあ
私の場合 大河ドラマの感想一本を書くのに・・・・
ドラマを見て どこにツッコむ力点を置くか考え 台詞をおこし
あらすじをまとめ  場合によっては調べものをしていましたので 
一本数時間かかっていたんですね

面白かったー つまんなかったー なんていうだけの感想
さすがに書けません

今回のドラマを何回か見て 書く価値(魅力)がありそうだったら
久しぶりの大河レビューをやりますね

それがないとなったら・・・今回もパスで
来年
「軍師官兵衛」(黒田官兵衛) 主演 岡田准一

になるでしょうけど・・・・
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
2013/01/06 08:00|大河ドラマ

大河ドラマ「八重の桜」スタートにあたって(前編)

かつては毎回「大河ドラマ」ネタは欠かさず書いていたんですが・・・
「天地人」の第34回が最後です
ちょっと書いていてアホらしくて嫌になったですよ
私の場合 まず一回見て何を中心に書くか考え そのシーンの台詞おこし
を含めて書いていたので
一本書くのに数時間かかっていましたからね
でも・・・「天地人」はそれをやるのがアホらしくなりました
時間をかける価値がないドラマ
史実の改変がひどいし ドラマとしてもひどい出来

そして今年の大河ドラマは「江~姫たちの戦国~」
また時代が戦国もの  
おまけに脚本が「篤姫」と同じ田渕久美子
どうなるか大体想像できますから・・・・・
来年の「平清盛」に期待するしかないかな
平清盛を演じるのは松山ケンイチ 源義朝は玉木宏
これも脚本が藤本有紀なので 嫌な予感はするんですが・・・・・

私は歴史小説にしろ歴史ドラマにしろ
基本的には「史実(記録史料)」の穴を埋めるものだと思っています
その人のある行動は史実であるとしても その行動に至ったプロセス
(主として心理面)そういったことは史料からはわかりません
想像するしかないのです もちろんその人の日常生活なんて想像ですね
そういうわからない部分をフィクションとして描くものが小説であり
ドラマだと思うのです
もちろん
時代が古くなればなるほど史料も少なくなりますから想像の余地は
大きくなります
だから要は
「そういうことがあったのかもしれない」「そう考えたのかもしれない」
と思わせてくれればいいわけです 創作部分に説得力があればがいいわけです
そこに架空の人物がいてもいいですよ
しかし 完全に史実を無視したり 当時としてはあり得ないことが
描かれるのは嫌ですね 
そういう「明らかにおかしいこと 絶対ありえないこと」を見せられると
私は醒めてしまいます
http://kazuuun.blog79.fc2.com/blog-entry-5175.html


大河ドラマ
「風林火山」第23回~「篤姫」~「天地人」第34回
と毎回感想を書いてきたのですが
上述したように「天地人」のあまりにも史実を無視しためちゃめちゃさに
辟易として挫折
「龍馬伝」(篤姫と同じ時代だし パス)
「江 ~姫たちの戦国~」(江なんか主人公にしてどう描くの?)
※結局 一度も見ませんでした 
見ていたらかなり・・・・・な感じの出来損ないだったようですが

「平清盛」
嫌な予感が当たりましたね


始まる前に

時代考証担当 高橋昌明

このドラマの時代考証をしており、台本が明日来るそうです。
ただ、大河ドラマというのは史実ではない。
中には大河ドラマの方が本当のことであって、歴史家の方が嘘であると
言われ、大変迷惑しています。
そういった訳で、大河ドラマを見ていなかったが、最近、近江の北の方で
3姫が出てくる番組を見て、前途大変暗い思いをしています。
歴史の名を借りたお話で、それはそれで楽しまれればよいのですが、
いくらドラマとはいえ、歴史上の人物が出てくるのだから、何を書いても
良いわけでもない。
私は平家の研究を30年やっているが、分からないことばかりです。
これはありえないだろうということが沢山出てくる。
「清盛殿」とか「頼朝殿」と相手の実名を呼ぶ場面がある。
実名で呼ぶのは大変嫌われる行為で、名前をよばれるということは、
相手に支配されるとか、自分の大事なモノを持って持っていかれると
思われていた。だから官職名で呼んだりした。
だが、これでは見ている方が誰が誰だか判らないから、仕方ないのかもしれない。
もしそういったありえないことが出てきたら、私は懸命に止めたのだが
振り切られたと思ってください。
脚本家は、朝ドラ「ちりとてちん」の脚本を書いた藤本 有紀さんです。
起用された理由が群像を描くのに優れているからだそうです。
実際に会ってみると、「アァァ・・・これは大変だ」と思いました。
才能豊かな方だとは思いますが、歴史のことに必ずしも詳しくない。
ということで、果たしてどういう事になりますか?
ドラマ製作者の名前が出てきますが、そのなかに私の名がなかったら、
喧嘩別れして辞めてしまったとお考えください。
http://bittercup.blog81.fc2.com/blog-entry-2791.html


まあ
喧嘩別れすることはなかったようですが・・・・

そもそも いくら「ドラマ」とはいっても
歴史を知った上で その空白部分を想像(妄想)でそれらしく埋め
ドラマチックにするのがあり方だと思うのです
脚本家が平安時代の知識 いや興味自体が殆どなかった人なのでは?
という気がしましたね

もちろん
平清盛という人を主人公にするという時点で無理がありました
前半の時点で・・・どう見ても源氏の方が魅力ある人物達で
ドラマチックでしたから
清盛自体に魅力を感じない 俳優のせいもあるのかもしれませんが
やはり・・・・脚本構成に問題があったんでしょうね

「平家物語」ではアンチヒーローとして描かれていた男に
新たな光をあて、歴史絵巻から解放された、
躍動感とエネルギーにあふれる男として描く。


掲げたことは立派ですが・・・・・
世間で持たれているイメージを覆し魅力的な人物として描く
それは簡単なことではありませんし 筆力も必要です
まあ・・・それが欠けていたんでしょうね

そもそも「清盛の国家観」なんて一般視聴者は興味がないでしょうが・・・・

「清盛の目指す新しい国」作り 
結局 脚本家もそれらしいことを描けなかったでしょ

ただ
視聴率が悪かったことについて いろいろ原因が指摘されていますが

要は「面白くなかった」ということ

「時代に馴染みがないので 出てくる登場人物がごちゃごやしていて
話がよくわからなかった」ということが最大の原因だと思いますけどね
出てくる武士の名前が似ていますし 
そして「わからないなりに面白い」という脚本にできなかったこと

でもね・・・・そもそも

ひと目でわかる:大河ドラマ「平清盛」
◇「院政」ってなに?
◇「天皇」よりも「上皇」「法皇」は偉いの?
◇「貴族」ってどういう人たち?「朝廷」ってなに?


こういうことから視聴者に説明が必要だと思うようなドラマを
作ってはいけませんよ 
これは視聴者の歴史的教養の素地が問題なんですが・・・・・
それを言っちゃうとね 

続く

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
2013/01/06 04:00|大河ドラマ

それは平清盛と展示品に魅力がないからでしょう

<平清盛>ゆかりの地・神戸の観光キャンペーンも苦戦
NHK大河ドラマ「平清盛」が歴史的な低視聴率にあえぐ中、清盛ゆかりの
地・神戸市で展開されている観光キャンペーンも苦戦している。
市内2カ所に開設したパビリオンは、年間計60万人の入場を目標に
掲げていたが、約5カ月たった9日でようやく計20万人に達した。
関係者は福原京があった神戸がドラマの舞台となる今後の展開に一筋の
望みを託している。
10年の大河ドラマ「龍馬伝」(関西平均視聴率19.5%)に合わせ
高知県で開かれた「土佐・龍馬であい博」には、目標の65万人を超える
約92万人が来場。08年の「篤姫」(同23.1%)では、鹿児島市の
「篤姫館」に目標の20万人の3倍超となる約67万人が訪れた。
いずれも好調だった視聴率が、ドラマの舞台となった地元での観光
キャンペーンに相乗効果をもたらした。
神戸市や兵庫県、地元経済界などによる「KOBE de 清盛」推進
協議会も放送開始に合わせ、今年1月に大河ドラマを紹介する「ドラマ館」と、
清盛が活躍した時代を実感できる「歴史館」を新設。両館のオープン当日
には清盛役の松山ケンイチさんや妻の時子役の深田恭子さんも訪れた。
ところが、初回歴代ワースト3位だった「清盛」の視聴率は低空飛行。
今月3日放送の視聴率は関西地区で大河ドラマ史上過去最低の一桁台(9.2%)に落ち込んだ。
「清盛」を巡っては、兵庫県の井戸敏三知事が当初、「画面が汚い。
ドラマの人気が出るか出ないかで観光も影響を受ける」と酷評。危惧が
現実になる可能性が高くなってきた。同協議会は9日、清盛の側室になる
常盤御前役の武井咲さんの衣装を展示するなど内容をリニューアルして、
てこ入れを図り、「ドラマはこれからが佳境」と期待をつないでいる。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120609-00000026-mai-soci

まあ こうなることは予想できましたね
もちろん 
あのドラマで全く清盛が魅力的な人物に見えないことや
まだドラマの舞台が神戸とは全く関係ないこともあるでしょう

ただ それ以前に・・・・

オープン二日後に私が書いた記事

スッカスカの展示 「KOBE de 清盛 2012」 ドラマ館・歴史館

展示されていた中身がスッカスカ
「この程度の展示なら神戸市役所に無料で展示しておけば?」
というレベル
年間でそれぞれ40万人と20万人が訪れるという皮算用だそうですが
これリピーターいるんですか?
見た人の悪評しか広まらないように思うんですが・・・・

まあ
数の方はいざとなったら
地元の小学生を授業の一環で来させれば達成できますけどね
それで あの辺りの振興に役立つかどうかはともかく・・・・


http://kazuuun.blog79.fc2.com/blog-entry-6477.html

あれで・・・・総事業費約4億円とか

展示品の少なさもさることながら 入場料をまでとって
単なるドラマ衣装がなぜ撮影禁止?歴史的遺物ならまだしも・・・・

このたび
平安時代の衣装を着て記念撮影するコーナーが新たにできたそうですが

そういえば
あの
「ノーヒントで清盛とはわからない」気持ち悪いイラスト
germjlkzHCIMG4339.jpg
ですが・・・・・

「平成 24年春季 堺文化財特別公開」
堺ゆかりの戦国武将「小西行長」
koni.jpg
これが小西行長だそうです
こういうのって誰に阿っているんでしょうか?


ついでに
もう一つ大河ネタ

2013年NHK大河『八重の桜』、新キャスト発表 剛力彩芽、黒木メイサらが初出演

女優・綾瀬はるかが主演する来年の大河ドラマ『八重の桜』(2013年1月スタート)
の新たな出演者が30日、東京・渋谷のNHK放送センターで発表され、西島秀俊、
長谷川博己、剛力彩芽、黒木メイサ、西田敏行らが一堂に会した。
この日が共演者との初顔合わせとなった綾瀬は「初めて顔を合わせて、緊張と
期待で胸がいっぱいです。力強いキャストのみなさんと力合わせて、支え合いながら
一年間頑張れたらと思います」とあいさつした。

綾瀬演じる八重の兄であり、“心の師”として八重に影響を与える山本覚馬を演じる西島は、
「役作りで調べている最中だが、驚くべき人物。先見性と逆境に立ち向かうエネルギーを、
日本人がもともと持っていた義に生きる心を兼ね備えていた。そのような人物を演じられる
のは、やりがいであり、名誉でもある。一年間、魂を込めて演じたい」とやる気を見せた。
八重の最初の夫となる川崎尚之助に長谷川博己、八重の6つ年下の幼なじみ・日向ユキに剛力、
文武両道の才女で八重のライバルとなる中野竹子に黒木が出演。この3人はいずれも
大河ドラマ初出演となる。

ほかに、八重の父・山本権八に松重豊、八重の母・山本佐久に風吹ジュン(欠席)、
覚馬の妻・山本うらに長谷川京子、八重の弟・山本三郎に工藤阿須加、会津藩最後の藩主・
松平容保に綾野剛、会津藩の照姫に稲森いずみ、会津藩士に玉山鉄二、池内博之、斎藤工、
北村有起哉(欠席)、中村獅童が出演する。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120529-00000346-oric-ent


新島八重を主人公とする大河ドラマということで
まず私が思ったことは書きましたが・・・・・
http://kazuuun.blog79.fc2.com/blog-entry-5572.html

今回のキャスト発表でも肝心な新島襄については発表されていません
私としては たまには無名俳優の抜擢を見たい気持ちがあるんですよね

緒形拳だって渡辺謙だって大河ドラマで主役に大抜擢された後に役者として
飛躍を遂げたわけですが
最近は民放ドラマですでに・・・とかある程度名の知られた人を起用しすぎ
まして 今年が武井咲で来年が剛力彩芽ってなんでしょう(オスカーの・・・・・)

実際 その悪影響があるでしょ
最近の「大河ドラマ」では主役級の人物まで同時期に民放ドラマや映画や
舞台に出演している 
「売れっ子だから出演料が安い大河ドラマだけでは」とうことも
あるんでしょう
NHKの撮影が大変だと思いますよ

以前「武田信玄」で信玄を演じた市川亀治郎の「同じような寝所のシーンの
撮りだめでどれがどれか混乱した」 という趣旨の発言(冗談でしょうが)を見て
「それはNHKの撮影の都合もあるだろうけど そもそも亀治郎がその期間に
歌舞伎の長期公演なんかを入れたからでしょう」とは思いましたね
あれは主役は内野聖陽でしたが 
どうも片手間な感じがねぇ 好きではありません

役者としてもせっかくの機会なんですから
せめて主役級の人は この一年間 純粋に一人の人間の人生を演じきった方が
いいと思うんですけどねぇ・・・・

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2012/06/10 19:30|大河ドラマ

「NHK大河ドラマ」 主人公は新島襄の妻?

以前、書いた話から

最近 全くドラマネタを書いていませんね
かつては毎回「大河ドラマ」ネタは欠かさず書いていたんですが・・・
「天地人」の第34回が最後です
ちょっと書いていてアホらしくて嫌になったですよ
私の場合 まず一回見て何を中心に書くか考え そのシーンの台詞おこし
を含めて書いていたので
一本書くのに数時間かかっていましたからね
でも・・・「天地人」はそれをやるのがアホらしくなりました
時間をかける価値がないドラマ
史実の改変がひどいし ドラマとしてもひどい出来

そして今年の大河ドラマは「江~姫たちの戦国~」
また時代が戦国もの  
おまけに脚本が「篤姫」と同じ田渕久美子
どうなるか大体想像できますから・・・・・
来年の「平清盛」に期待するしかないかな
平清盛を演じるのは松山ケンイチ 源義朝は玉木宏
これも脚本が藤本有紀なので 嫌な予感はするんですが・・・・・

私は歴史小説にしろ歴史ドラマにしろ
基本的には「史実(記録史料)」の穴を埋めるものだと思っています
その人のある行動は史実であるとしても その行動に至ったプロセス
(主として心理面)そういったことは史料からはわかりません
想像するしかないのです もちろんその人の日常生活なんて想像ですね
そういうわからない部分をフィクションとして描くものが小説であり
ドラマだと思うのです
もちろん
時代が古くなればなるほど史料も少なくなりますから想像の余地は
大きくなります
だから要は
「そういうことがあったのかもしれない」「そう考えたのかもしれない」
と思わせてくれればいいわけです 創作部分に説得力があればがいいわけです
そこに架空の人物がいてもいいですよ
しかし 完全に史実を無視したり 当時としてはあり得ないことが
描かれるのは嫌ですね 
そういう「明らかにおかしいこと 絶対ありえないこと」を見せられると
私は醒めてしまいます
http://kazuuun.blog79.fc2.com/blog-entry-5175.html


今日現在、一回も見ていない「江~姫たちの戦国」ですが、
いろいろ目にする批評を見る限り、見る価値が全くないドラマだということは
わかります。

今回も呆れたのは、茶々が秀吉の胤を懐妊して江(上野樹里)が激しく
姉の茶々(宮沢りえ)に盾つく。秀吉は父母を殺した仇だと言っていたのに、
こともあろうにその男とねんごろになり、仇の子を身籠るとは許せないと
いうわけだ。ここまではいいとして。
2週前の回で京極高次に輿入れした次女の初(水川あさみ)が、姉と妹の
対立を自分が仲直りさせるといって大坂城にやってくる。茶々が手紙で
初に知らせたのだそうだ。初が嫁いだ京極高次は近江の国の1城主である。
近江の国は今の滋賀県だ。当時は新幹線も在来線も自動車も自転車だって
何にもない時代、歩くか籠か、男なら馬だが(一定の地位のある人間だけ
が乗れた)、城主の奥方様が移動するとなると大騒動である。ひょい
ひょいと思いつきで行けるわけがない。隣の国、今の隣接県へ行くのも
この時代は女だと何日がかりだ。
http://www.j-cast.com/tv/2011/06/09097964.html


時間と空間ということでは「天地人」が相当ひどかったですね。
情報伝達と人の移動が現代並み。
もう一つ、
ドラマで役者実年齢と役柄の年齢が違うのはある程度は仕方がないでしょう。
でも、「篤姫」では13才の家茂を松田翔太が演じたために
「この時期に子供を将軍に・・・」という危機感が表れなかったという問題も
ありました。まして今回の「江」7才の江を上野樹里が演じている段階でメチャメチャ。
それが、あり得ない行動(言動)までしているとなると・・・・
やっぱり今年も「大河ドラマ」話を書くのはパスしましょう。

来年こそは、最初から最後まできっちり見て、みっちり書きたいところですが・・・・

ところで、
早くも2013年の大河ドラマの話が
まだNHKからの正式発表はないんですが・・・・・

NHK、13年の大河は福島が舞台 新島襄の妻が主人公
NHKは2013年に放送する大河ドラマの主人公を、福島県出身で、
同志社大学を創設した新島襄の妻、新島八重(1845~1932)
にすることを決めた。東日本大震災で当初の予定を急きょ変更、震災関連
プロジェクトの一環として、福島を舞台にした作品で「被災地を元気づけたい」
としている。八重は、兵学をもって会津藩に仕えた家に生まれた。
戊辰戦争では自ら銃を取って戦ったとの逸話を持ち、その豪傑ぶりから
「幕末のジャンヌ・ダルク」とも呼ばれる。維新後は京都に移って教育に
従事し、襄と結婚。日清・日露両戦争では自ら望んで看護師として働いた。
http://www.asahi.com/culture/update/0611/TKY201106110568.html


「当初の予定を急きょ変更」して「福島を舞台にした作品」にして
「被災地を元気づけたい」とのこと
それにしても新島八重とはまたマイナーな人物を・・・・
どう考えても2時間スペシャルものでいいいような気がしますね。
せいぜい「朝ドラ」でしょ。なぜ、大河ドラマなんでしょうか?

まあ、会津戦争(白虎隊・松平容保など)では「被災地を元気づけ」る
ような内容にはならないし、保科正之で一年引っ張るのは難しいという
ことでしょうか?、
要は「利家とまつ」「篤姫」「江」路線ですね。女子が主役。
当然、歴史の流れ(表舞台)に主体的に参与していない(できない)人。

福島で女子が主人公なら山川捨松でもいいように思いますけどね、
ドラマチックな人生だし、赤十字にも繋がるからそれこそ時事的でしょ。
新島襄の妻でもいいなら、山室軍平の妻・山室機恵子でもいいですよね。
岩手県の人だし。救世軍絡みだからこれも時事的。
まあ、新島襄を描くと山室軍平も出てくるかもしれませんが。

新島八重は満州事変の頃まで生きた人なので、
幕末から日露戦争という時期を描く上での狂言回しとしてはぴったりでは
あります。新島襄は日清・日露も始まる前に死んでいますからね。
新島八重という人物を通じてなら幕末の会津戦争から明治の終わりまでの
時代状況が描けます。
ただ「日清・日露両戦争では自ら望んで看護師」ってわざわざ言うと
ころから見れば「単に『坂の上の雲』で作った映像の使い回しをするため」
とか穿ってしまいますね。

問題は・・・この人って今の大河ドラマ的な女性ではないんですが、
どうするんでしょうか?
新島八重は戊辰戦争で断髪、男装して式スペンサー銃で新政府軍と戦った
人物ですからね。
(おまけに、「大河ドラマ」の主人公としては性格的にもあまりいい人には・・・・
まあ、「篤姫」の美化の仕方を見れば、それはクリアできるかな。)
今の「大河ドラマ」だと、戦国時代ですら女子は平気て「戦は嫌じゃ」
なんて言う、平和主義者扱い。当時としては ほぼあり得ない価値観、
それ以外にも もし思ったとしても言わない(言えない)ことを平気で言う。
夫に普通に意見するんですから、男尊女卑の時代とは思えない。
夫婦愛を描くためには、側室がいないことにされたり、まあめちゃくちゃ。
女性視聴者に媚びを売るのでしょうか?
当時としてはあり得ない価値観の世界を描くが常。

女子が主体的に政治に参与できない時代に、女子が主役のドラマを作ると
どうしても「●●がしたことは実はこの人の意見」でという捏造をする
わけですね。それだけ主体的な女子を描きたければ、また日野富子や
北条政子でも主人公にして描けばいいのに・・・とは思いますが。

//////////////////////////////////////////////////////////////

ついでに、このネタも。

フジテレビ系ドラマ「マルモのおきて」(日曜後9・0)に出演中の
人気子役、芦田愛菜(6)、鈴木福(6)によるユニット「薫と友樹、
たまにムック」のデビュー曲「マル・マル・モリ・モリ!」が13日付
オリコンデイリーランキングで初の1位を獲得。前日が2位で、
先月24日付の初登場9位から20日目でトップに立った。12日放送の
番組平均視聴率はビデオリサーチ(関東地区)の調べで過去最高の
16・8%を記録した。
http://www.sanspo.com/geino/news/110614/gnj1106140505011-n1.htm

この間、書いたような昨今のCDセールスの事情とは異なります。
昨今は、発売を待っているファンが買う→その週だけ一位→すぐに急落
購入層に広がりがありません。

その点、こういう曲はじわじわ広がる、本当の意味で「ヒット曲」なんですよ。
ダンス目当てで幼稚園や小学校で使用するとなると「着メロダウンロードで」
なんてないですから、確実なCD購入者になりますし。

ただ、このドラマ・・・
私は一度も見ていないんですが、あらすじだけ見ると
「パパと呼ばないで」(1972~3年)のリメイクのような作品ですね。
偶然かもしれませんが・・・
(ということは
芦田愛菜の将来は・・・・杉田かおるかも・・・・)

フジテレビだと かつて、三谷幸喜の「王様のレストラン」は
「高原へいらっしゃい」(田宮二郎)のリメイクじゃないかといわれた
のですが、三谷自身は否定していました。
元になったのは「がんばれ!レッドビッキーズ」だと。

マルモというと・・・語感は「ふしぎなメルモ」(1971~2年)を連想しますが、
これも実は時期的には同じ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2011/06/14 23:00|大河ドラマ

書く気がそがれる予告編

最近 全くドラマネタを書いていませんね
かつては毎回「大河ドラマ」ネタは欠かさず書いていたんですが・・・
「天地人」の第34回が最後です

ちょっと書いていてアホらしくて嫌になったですよ
私の場合 まず一回見て何を中心に書くか考え そのシーンの台詞おこし
を含めて書いていたので一本書くのに数時間かかっていましたからね
史実との照合も合わせてやったので下手すると一本4-5時間
でも・・・「天地人」はそれをやるのがアホらしくなりました
時間をかける価値がないドラマ
史実の改変がひどいし ドラマとしてもひどい出来

その次の「龍馬伝」はきちんと書こうと思っていましたが
時代が「篤姫」と同じで書くことの内容がかぶりそうで
乗り気になれませんでした 
何より 以前は継続を気にしていたので無理矢理にでも書いたんですが
いったん習慣が途切れるともう続けられなかったんですね

現在このブログも1400日以上連続更新していますが
いったん数日途切れるともうブログ自体を止めるかもしれない
私はそういう性格なんです

そして今年の大河ドラマは「江~姫たちの戦国~」
また時代が戦国もの  
おまけに脚本が「篤姫」と同じ田渕久美子
どうなるか大体想像できますから・・・・・
今は書こうとは思いませんねぇ
録画はしていますが 実はまだ一話も見ていないのです

来年の「平清盛」に期待するしかないかな
平清盛を演じるのは松山ケンイチ 源義朝は玉木宏
これも脚本が藤本有紀なので 嫌な予感はするんですが・・・・・
(ちなみに「天地人」も「龍馬伝」も「江」も書こうと思えばいつでも
書ける素材はありますから ひょっとしたら書くことがあるかも
しれませんが・・・・)

なぜこの話を書いたかといえば
「TAROの塔」を見終わって 出てきたのが「江」の予告編
上野樹里が「戦はいやじゃぁ」とかいいながら出てきて・・・・
「またこれかぁ」という落胆
上野の演技はちらっと見ただけでも・・・・・・

それまでの見ていたドラマとのギャップも感じたので

私は歴史小説にしろ歴史ドラマにしろ
基本的には「史実(記録史料)」の穴を埋めるものだと思っています
その人のある行動は史実であるとしても その行動に至ったプロセス
(主として心理面) そういったことは史料からはわかりません
想像するしかないのです もちろんその人の日常生活なんて想像ですね
そういうわからない部分をフィクションとして描くものが小説であり
ドラマだと思うのです
もちろん
時代が古くなればなるほど史料も少なくなりますから想像の余地は大きくなります
だから要は
「そういうことがあったのかもしれない」「そう考えたのかもしれない」
と思わせてくれればいいわけです 創作部分に説得力があればがいいわけです
そこに架空の人物がいてもいいですよ

しかし 完全に史実を無視したり 当時としてはあり得ないことが
描かれるのは嫌ですね 
そういう「明らかにおかしいこと 絶対ありえないこと」を見せられると
私は醒めてしまいます

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2011/03/06 00:00|大河ドラマ

「坂の上の雲」 第2回「青雲」

坂の上の雲 第2回「青雲」

1884年(明治17年)。上京から1年が経ち、真之(本木雅弘)と常規(後の子規・
香川照之)は大学予備門に合格。塩原金之助(後の夏目漱石・小澤征悦)と出会い
友情を育む。一方、陸軍大学校に通う好古(阿部寛)は、ドイツ陸軍の参謀将校
メッケル少佐(ノーベルト・ゴート)を師とし、実戦的な作戦を学んでいた。
 春になり、子規の妹・律(菅野美穂)が松山から上京。真之に近々結婚すると
打ち明け、「これからは自分に代わって兄を守ってほしい」と頼む。大学予備門で
子規はおぼえたばかりの野球に熱中。子規と同居生活をはじめた真之も仲間たちと
青春をおう歌する。俳句や文学に傾倒する子規に対して、自分の進むべき道は何か
と悩む真之だが、しだいに海の向こうに広がる世界を見たいという思いを強くし、
海軍兵学校に入ることを決意。兄の援助から自立し一身独立する、という弟の覚悟
に好古も賛同し、真之は築地の海軍兵学校に入学する。そこで1年先輩の広瀬武夫
(藤本隆宏)と出会う。1887年(明治20年)春、好古は旧松山藩主久松家の家令
・藤野(宝田明)から呼び出され、フランス留学が決まった若殿とともに渡仏する
よう頼まれる。しかし日本陸軍が全ての体制をドイツ式に転換しようとしている
最中の渡仏は、陸軍における栄達をあきらめることに等しかった。好古は苦悩の
末に渡仏を承諾、7月、フランスに向けて出帆した。海軍兵学校が広島県江田島に
移転。休暇を利用して帰郷した真之の立派な姿に大人たちは驚き、子どもたちは
胸を躍らせる。真之が帰りの船に乗る間際、律が追いかけてきた。律は真之に自分
が結婚した理由と、婚家から離縁されたことを告げる。真之は「女子でも一身独立
できる」と律を励ます。明治23年、パリにいる好古のもとに本国から官費留学に
切り替えるとの命令が届く。それは日本陸軍が騎兵建設を好古に託したことを意味
した。

本木雅弘 阿部寛 伊東四朗  香川照之 菅野美穂 竹下景子 松たか子
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////
前回の記事で「青雲」という表現を使おうと思いながらも、第二回目のタイトルが
「青雲」だったのでやめたんです。
今話 やはり律とのシーンが冗長でしたね。
そもそも原作にはほとんど出てこない律ですが、このドラマでは昔から真之に
好意を寄せているという設定。そのためにそういうシーンがあるんですが、
その割に律はすぐ結婚してしまうので、好意を寄せるシーンが浮いてしまうんです
よ。しかもこの人は三回も結婚するんですからねぇ。

大河ドラマ「篤姫」とキャストが重なるために
高橋英樹は島津久光、小澤征悦は西郷隆盛に見えてしまう。
放送開始時はあわないと思っていた小澤西郷まで。見慣れるというのは恐ろしい物
です。個人的には児玉源太郎のイメージは高橋英樹ではないですね。

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////

例の「語り」からスタート
渡辺謙は、自ら申し出て毎回、録音しているそうです。文面は同じなんですが。


上京後、一年、正岡常規と秋山真之は大学予備門を受験
大学予備門とは 大学に付属した機関でのちの旧制高校 
もしくは大学予科に相当

英語の力が劣っていた正岡常規にとって英語の試験は難関。
試験出でて来た「judicature」という単語の意味がわからない
真之から「法官=ほーかん」だと教えてもらったのに「幇間」と勘違い。
「なんで試験科目に英語があるんじゃろう」嘆く常規。

そういえば香川は東大出でした
小説で描かれたこのシーン わざわざ幇間を映像化してしていました。
しかも幇間が外人。このドラマ妙なところで凝っています。
「遊び心」とも「悪のり」とも言えますが。

この話、正岡子規のエッセイに書かれた話で一応 実話らしい
それによると、伝言ゲームのようにつたわっていって そうなったということで
それはそれでおもしろいですね。


大学予備門に入学
当時の教科書は外国直輸入の物で 例えば幾何の教科書もすべて英語で書かれており
試験の問題も英語で出た
英語の苦手な常規「あしのようなもんは予備門で一人じゃ」

そんな中で
「その男のスピードは子規が書く日本語より速かった」とたとえられた
山田美妙
(原作では英語で答案を書く必要も無い科目なのに という状況で)

塩原金之助(夏目漱石)も登場
夏目漱石は一時、父親の友人、塩原昌之助の養子に出されていたんですよ
後に自伝的小説「道草」に「島田」として出てくる人物

それにしてもすごいメンバーですよ。同級生が。
他にも南方熊楠 本多光太郎(KS鋼) 芳賀矢一なんですからねぇ。


やはり常規は英語で落第するが、底抜けに明るい
「やろうぞな、ベースボール」
「野球、のぼーる つまり、あっし名前からきておるんじゃ」
ベースボールを野球(やきゅう)と訳したのは中馬庚ですが、子規はそれ以前に
自らの雅号を野球(のぼーる)としていたんです。

後に 新聞「日本」で野球用語の翻訳をしている。
batterを打者、runnerを走者、flyを飛球など。
「四球」「直球」もそうですね。正岡子規が野球殿堂入りを果たした理由

真之は兄の許可を得て、常規と同宿することに
常規「これからは小説の時代じゃ」 坪内逍遥の「一読三歎 当世書生気質」を見せる
「わしら学生のloveやsuccessの物語がこの中に嘘偽りなく書かれておるのじゃ」

この「当世書生気質」は当時の書生の英単語混じりの会話で構成されていて
まあ、誇張はしているんでしょうけど なかなかおもしろい本です。

常規「勉強のし合いっこをしようぞな」
二人して勉学に勤しむうちに・・・

真之は兄に
「あし 予備門を辞めよう思います。辞めて軍人になろうと思います。
海軍兵学校に入ります。このまま予備門におったら、あしはおそらく第二等の
学者になりますぞな。あしの学問は二流。学問をするんに必要な根気も二流じゃ。
あしはどうも要領がよすぎますけん。それに、もうこれれ以上、兄さんの世話に
なることはできません。自主自立、一身独立です。兄さん、わしは世界の海に
乗り出したい。海の向こうには、わしの知らんでっかい世界が広がっとる。
それをこの目で見てみたい、この胸で感じてみたい。今心の底からそう思うとります」

楽しかった大学予備門の生活、もちろん常規との生活にも別れを告げることになる。
でも、真之は常規にそのことを言い出せないまま手紙を残して下宿を去る。

予は都合あり、予備門を退学せり。志を変じ、海軍において身を立てんとす。
愧ずらくは兄との約束を反故にせしことにして、いまより海上へ去る上は
ふたたび兄と相会うことなかるべし。自愛を祈る

「戦をも 厭わぬ君が 船路には 風吹かば吹け 波立たば立て」
「気張れ、じゅんさん」
常規ひとり悄然とする。

香川の演技が光っていますね。台詞であれこれ述べなくでも、寂しさ、せつなさを
表情だけで表しています。


真之は築地の海軍兵学校へ入校。入校生達を困惑させたのは洋服だった。
更に一堂の脅威だったのは昼食にライスカレーが出たことであった。

そういえば、
留学先で食べたビーフシチューの味を非常に気に入った東郷平八郎が帰国後、艦上食と
して作らせようとした。しかし、命じられた料理長はデミグラソースがないため、
それを醤油で代用した。それが「肉じゃが」の始まりだとも言われています。


「大英帝国の権威は、その海軍によって維持されている」
この言葉を築地の兵学校の生徒に刻みつけたのはアーチボールド・ルシアス・ダグラス
少佐。
「英国はその国土こそ小さいが、その強大な艦隊と商船団によって世界を支配した。
日本は英国を範とせよ」ダグラスは言ったのであろう

広瀬武夫が登場。
来年放送の第九回「広瀬、死す」 の主人公
妙に漢詩を吟じるのが いい声だと思ったら、演じる藤本隆宏は もと劇団四季の人だった
んですね。しかも、バルセロナオリンピックでは、水泳 個人メドレーで日本人で
初めての8位入賞した人だとか。


真之らの在学中、海軍兵学校が広島県の江田島に移転 故郷の松山が近くなった。
移転早々、休暇があり松山に帰る。

父と街角ですれ違うも、互いに素通り。相変わらずべたべたしない親子関係。

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////
兄、好古は、陸軍大学校で、ドイツ陸軍参謀将校のメッケル少佐と出会う
陸軍大佐、児玉源太郎も登場 翌年陸軍大学校初代校長

メッケルは無類の酒好きで もしモーゼルワインが手に入らなければ
この日本行きを断ろうと思っていたという

メッケルは学生達に
「諸君は将来の日本陸軍を背負う精鋭と聞いている。なるほどよい面構えである。
しかし、この私がドイツ帝国陸軍1個師団1万を指揮すれば、諸軍が全日本陸軍5万を
率いても、これを粉砕するのにさほど苦労はいらない」
秋山「どうやったら一個師団で全日本陸軍を負かすことができるか 教えて頂きま
しょう」
長岡「答えによっちゃ ただじゃあ すみませんぞ この渋柿親父」

本木雅弘は「シブがき隊」だったので、本木もいわば渋柿親父なんですが
そういうことではなく 渋柿親父は原作にもある表現


メッケル「普仏戦争において我がドイツ陸軍は如何にしてフランス陸軍を撃破でき
たのか。兵力において勝っていたか?そうではない。では何故勝てたのか?
指揮官の能力が勝っていたからである」

学生達に問う
「一個大隊が二列縦隊で攻め込む。その長さどのくらいか?ドイツでは士官学校の
生徒でも知っておる」
答えに窮する学生
「遅い この間に敵の射撃をうけ全滅。長さがわからなければ次の戦術行動は
考えられんぞ。大隊二列縦隊で700m、中隊で160m、小隊で15m。参謀たるもの、
常に覚えておくように」

原作では好古を見たメッケルが「君はヨーロッパ人か?」と聞いたなんていう話も
出てきます。
そういえば この時期の日本にドイツ語の通訳をできる人間がいたんですよね
陸軍ではちょうどドイツ留学し、会計を学んで帰国したばかりの遠藤慎司
他にも藤山治一 木越安綱など


そんな好古のフランス留学の話が。
久松家の家令である藤野漸から頼まれ、サン・シール陸軍士官学校に留学する
松山の若殿 久松定謨の御供として。好古は苦悩の末に渡仏を承諾
当時、日本陸軍すべての体制がドイツ式に転換しようとしており、陸軍の秀才の
ことごとくがドイツ陸軍に留学しようという情勢下にあった。
その時にただ一人のフランス派になってしまいどうなるか?
好古は陸軍における栄達を諦めた。

パリで騎兵戦術の習得に務める好古。金を切り詰め、自分の馬を買う。

「馬丁も雇わなければならないし、飼い葉代もばかにはならん。
ドイツの馬術よりフランスの方が優れておる。硬直したドイツの乗馬より、馬の
リズムにあわせて乗るフランス式の方が長時間の乗馬に耐えられる。
今までフランスをドイツの下に置いとった我が陸軍の偏見が払拭された思いじゃ。
あしは日本に帰ったら、フランスの乗馬術を取り入れ、日本の騎兵を世界に負け
ないものにするつもりじゃ」

明治23年 本国から新しい命令を受け取った。官費留学に切り替えるということ
要するに日本陸軍は騎兵建設のすべてを依頼したようなものであった
秋山好古は一人ですべてを引き受けた。
この分野だけでなく、他の分野でもすべてそういう調子であり、明治初年から
中期にかけての小所帯の日本のおもしろさはこのあたりにあるであろう。

いきなり「官費留学に」ということがでてきました。
実はそれまで私費留学だったんですよね。久松家から手当はありましたが。
そのために「好古が困窮していた」という噂もあり、かわいそうだということで
「官費留学」にかわったというのが原作の表現。
陸軍のフランス式建設という言うことでは山県有朋のヨーロッパ視察旅行の話も
絡むんですが。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2009/12/20 11:00|大河ドラマ

「坂の上の雲」 第1回「少年の国」(後編)

坂の上の雲 第1回「少年の国」(後編)

260年続いた幕藩体制を倒して、日本には「明治」近代国家が誕生した。
その国は、帝国主義まっただ中の西欧列強という「大人」たちに囲まれた「少年
の国」であった。四国・伊予松山に三人の男がいた。後に明治日本が直面した
最大の危機「日露戦争」において、大きな役割を担うことになる秋山好古(阿部寛)
・真之(本木雅弘)兄弟と日本の近代文学を代表する正岡子規(香川照之)である
。三人の主人公は松山の人々とその風土の中で育ち、やがて東京へと旅立って行く。
後年、そろって帰郷した三人は、松山城を背に記念写真に納まる。明治16年(1883年)、
好古は東京の陸軍大学に入学。その年の6月、自由民権運動の熱弁をふるっている
子規に妹の律(菅野美穂)が手紙を持ってくる。東京の叔父から上京を促す手紙
だった。喜び、すぐさま東京へ。松山に取り残されたような複雑な心境の真之の
もとにも好古から面倒をみるとの手紙が届く。真之は好古の下宿で暮らし始め、
子規の後を追うように神田の共立学校に入学、大学予備門を目指すことになる。
そんな、ある日、真之と子規は、共立の英語教師・高橋是清(西田敏行)の誘いで
横浜にくり出した。そこで、二人は最新鋭の巡洋艦「筑紫」を目の当たりにし、
その威容に圧倒される。そんな二人に、高橋は日本が紳士の国になるべきことを
説くのだった。

本木雅弘 阿部寛 伊東四朗  香川照之 菅野美穂 竹下景子 松たか子

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////
ドラマとしては「佳作」でしたね。今年の大河ドラマがひどすぎたせいで、よく
は見えましたが。
特に第1回は「大河ドラマ」でいうところの「主人公の誕生から少年期」で、
歴史に参与する前です。ですから今回も その意味でのおもしろさには欠けました。
これからのドラマの展開が楽しみですね。

子役がうまかった。
ただ、
秋山真之と正岡子規はワンクッションおかないで、いきなり子役から本木雅弘 
香川照之ですからね。本木はまだしも、香川が十代前半の役っていうのは無茶。
まあ 秋山好古も染谷将太→阿部寛へと変わりようがすごい。

そういえば菅野美穂も松たか子も十代の役でした。
菅野のやんちゃな女の子役、松のいいとこのお嬢様役は適材適所
まあ、原作では正岡子規の妹なんてほとんど出てこないんですが、さすがに
「ハゲタカ」と同じで、男ばかりのドラマでは むさ苦しいとうことなんですかね、
妹の出演シーンが多いです。

これから登場する出演者も豪華メンバー
竹中直人・西田敏行・香川照之・・・大河ドラマで秀吉を演じた人たち。
秀吉と言えば
「天地人」で秀吉を演じた笹野高史の子供・ささの貴斗が
正岡子規の少年期を演じていました。

今回は脇役で
松山藩の徒歩組頭 富田 笑福亭松之助
骨董屋 蛭子能収
なんていう人も
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////

ナレーションが渡辺謙
例の司馬節「余談ながら・・・」も再現。
渡辺謙は単にナレーションをやっているというより「司馬遼太郎役を演じている」
と言ってもいいのかもしれません。


そして、随所にその当時の写真を挟み込みながら、ドラマで撮影した映像にノイズ
を入れて、当時の映像っぽくしたものも加えて、それらしくしていました。
司馬遼太郎の小説の構造もそうでしょ。
フィクションなのに、途中に司馬遼太郎の解説や現地取材の様子を織り込んでいる。
その結果、読者が小説の虚構部分まで実際のことのように錯覚してしまう
そういう問題もありますが。


昨今、ドラマの撮影がフィルム撮影からビデオカメラ撮影になり、特撮や時代劇
ものだと映像が安っぽくなることが多いんですが、このドラマは「フィルム撮影」
っぽい絵柄でいいですね。そもそもスタジオ収録ではなくロケが多いですから、
ちまちました感じもありません。
まあ、CG部分も含めて相当 時間と制作費をかけただけあって、明治の様子を
可能な限り再現した感じです。(実際のガス燈まで再現してました)

もちろん
そういう背景部分だけでなく、ドラマの中身を含めて
「明治という時代の空気」を感じましたね。
江戸から明治へ 時代が大きく変わったころの新しい時代の息吹を。
近代国家としてはまさに「少年の国」だったわけですが、それゆえ高揚感があった
わけですね。それを貧しいけれど、妙に楽天的な若者を主人公にして描いていました。
もちろん 私は明治時代を体感したわけではないけれど、「こんな時代だったん
だろうなぁ」と思わせたわけですね。もちろん、ちょっと美化した部分も感じますが。
(最近、大河ドラマは「この時代にこんな事考えて こういう人間はいない」と思わせ
ることが多いですからね。)

特にこのドラマでは「変わったものと変わらないもの」が描けていたと思います。

16歳の信三郎が銭湯で風呂焚きをする。
その風呂屋も元 武士が経営。このこと自体が蔑まれた時代
信三郎が弟・淳五郎に福沢諭吉の「学問ノススメ」を見せる。
「これはの あしがこの世の中で偉いと思うておる人の本じゃ。
一身独立して一国独立する 人がひとり一人が独立して、初めて国家が独立できる
そういう意味じゃ。あしはな 金を貯めて東京に出て学問をして、
いつかこの人に会う。それが あしの夢じゃ」

学校に行きたい信三郎。でも家には学資を出す余裕がない。
ある時、風呂屋の主人から師範学校大阪に無料で学べる学校があることを聞く。
(大阪の師範学校の話したのは 原作では 池内信夫。四男は高浜虚子)

家に戻った信三郎
「父上は県庁の学務課にお勤めじゃのになんで教えてくれなんだのですか?」
「学務課に勤めておるからこそ家では話はできんのじゃ。残念じゃがここでは
何とも申されんのじゃ」

(原作 「一般に御達示もないのに家族だけに明かすことはできない」と説明)

ということで、一般人と同様に役所に来るように言われ、
信三郎は翌日県庁へ出向く。
(「愛媛縣廰」の文字がいいですよね。「庁」より「廰」の方が意味を表して
いますよ。まさに「聴く」ところなんです」

玄関で父・平五郎を待つ

平五郎「そのほういくつになる。16かぁ。無理じゃな。年端が足りぬ。師範学校の
入学既定では19より上となっておる。三年ばかり待て」
信三郎「三年も待てません。あしは一日でも早ぅ学校に行って学問をしたいんです。」
平五郎「待てぬと言うことであればしようがない。一つ方法があるぞ。大阪では師範
学校の試験だけではのうて小学校教員の試験もやっておる。それに合格すると、助教
を拝命し、月給7円を賜る。しばらく教員をして、勉学に励むうちに19歳になろう。
その時、師範学校を受ければええ。」
信三郎「大阪行きの旅費はどうなりましょう?」
平五郎「いや、それは当然、自弁じゃな。どうするつもりじゃ。」
信三郎「帰って、父と相談仕ります。きっと、父が何とかしてくれましょう。」
平五郎「そのほう、よい父を持ったのう」

コントのようなやりとりですが、
言い加減なようでいて「公私のけじめはきちんとつけている父」という描写

信三郎は大阪の師範学校を卒業すると、東京に行き陸軍士官学校に入学
平五郎「信、お前なんで軍人の道を選んだんじゃ?」
信三郎「あしは まず食うことを考えとりますけん。士官学校はただの上に、小遣いま
でくれますけん。人は生計の道を講ずることにまず思案すべきである。一家を養い得て、
初めて一郷と国家のために尽くす。父上の教えです。」

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
正岡子規

正岡升は6才時、父を亡くし、少年の身ながら家督を継いだ。幼くして当主。
祖父が学者の大原観山であり、その観山から漢文の素読を習う。
観山は、一生、髷を切らずに通し、孫の升にも髷を切らせなかった。
その観山が亡くなった時、花火を上げる。花火は維新以来御法度。

ガキ大将であった淳五郎が首謀者ということで巡査が秋山家へ。
厳重に説諭するように言う。
母・貞は短刀を出すと、「わたしも死にます。お前も、これで胸を突いてお死に」と
迫る。淳五郎は驚いて、謝る。
まさに武家における「家の恥」という観念が残っていた時代ならでは。

ここに髷を切った升がやってくる。
緊迫した空気が「髷を切った升 」によって変わる。緩急をつけたドラマです。

そういえば
信三郎の東京での下宿先は旧旗本の佐久間家。信三郎を見る目は「陪臣」
身分意識が残っていたことを表しています。
「篤姫」にしろ「天地人」にしろ身分観念が変なんです。
こんなことありないでしょう ということが多すぎる。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////
神田の共立学校で正岡升と秋山真之に英語を教えていたのは高橋是清

高橋「欧米列強の人間にとって、日本人など野蛮人以下、動物以下です。」
正岡「ですが、先生この英語の教科書にはイギリス紳士は博愛精神に富み、弱気を
助け、強気をくじくと書いてありますけん。」
高橋「それは、西洋人同士でしか通用しない理屈です。日本人が鵜呑みにしたら
えらいことになりますよぉ。僕はアメリカに渡って英語ができないばっかりに売
られたことがあるんでね。奴隷です。」
例の奴隷として売られた話をする

三人はイギリスから購入した巡洋艦筑紫を見るために横浜へ

高橋「秋山君。君が先ほど暗唱したフレーズ。主語を日本紳士に置き換えて言って
ごらんなさい。」
秋山「日本紳士は博愛精神に富み、弱気を助け、強気をくじく。常に法を拠り所に
して犯罪や不正を憎み、正義を貫く。」
高橋「この国の法律、憲法を作り、国会を開く。国としての正義を世界に示すんです。
日本が紳士の国だと世界に認めさせることができたならば、治外法権はなくなるでしょう」

西田敏行の抑え気味の演技がいい。
帝国主義まっただ中の西欧列強の偽善的博愛精神とともに
刑法はおろか、憲法すらない国、そんな近代国家とは言えない野蛮国だからこそ外国人の
領事裁判権を認めざるをえないわけで、この近代国家としては「少年の国」たる日本に
とって法典整備、議会開設が急務だということを示しているんですね。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2009/12/13 13:00|大河ドラマ

あれから約7年

坂の上の雲 第1回「少年の国」(前編)

大河ドラマの「天地人」が終わりました。
ドラマレビューの方は止まっていますが、年内??には一応 
短縮版で書こうとは思っています。

現在はそれに続いて、NHKスペシャルドラマ 「坂の上の雲」の放送が始まりました。
最初に ドラマの話があったのは2003年のことです。
「大河ドラマ」とは別枠で放送するということで「真田太平記」のような形に
なるのかなと思っていました。当初、75分の20回程度(15回という話も)、
総制作費は200億という 日本のテレビドラマとは思えないスケールの話でした。

そのあと、脚本担当の野沢尚の自殺などで、制作は中断。
「このまま制作が中止されるかも」と思っていたら、通年の大河ドラマ放送期間
を短縮して、90分の13回を3年がかりで、大河ドラマの枠を使い放送する
という変則的な形となりました。
制作費を圧縮したとはいえ、NHKの単年度予算では難しかったということなんすね。
NHKとしては気合いを入れているんでしょう。番組宣伝が多すぎました。
民放テレビかと思うくらい。大相撲の中継でも宣伝していましたからね。

それにしでも
よく、放送までこぎつけたものです。この時代を、軍事面から描くのはなかなか難しい。
どう描いても文句が出るところですからね。

脚本諮問委員:関川夏央、鳥海靖、松原正毅、松本健一、宮尾登美子、山折哲雄、
遠藤利男

「脚本諮問委員」 ものものしい名前です。

これまでの日露戦争ものと言えば

映画「二百三高地」 での丹波哲郎(児玉源太郎) 仲代達矢(乃木希典)の
演技を思い出します。森繁久弥の伊藤博文もよかった。
http://www.youtube.com/watch?v=uXvDC8LdZ6E



このドラマでは 2011年放送 第十一回 「二〇三高地」
CGは駆使するるようですが どうように描かれるのでしょうね。
演ずるのが高橋英樹と柄本明のコンビではやっぱり物足りない気がします。

ところで

1月から始まる福山雅治主演の「龍馬伝」では岩崎弥太郎の視点で坂本龍馬の生涯を
描くということで、その岩崎役を演じるのが香川照之。
香川は「大河ドラマ」を挟んで前にも後ろにも 続けて出演している形になります。
香川の見せ所は 2010年放送 第七回「子規、逝く」
「メイキング オブ スペシャルドラマ坂の上の雲」を見ると、
香川照之は役作りで正岡子規になりきってしました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ナレーションは渡辺謙

まことに小さな国が開化期を迎えようとしている。
「小さな」といえば、明治初年の日本ほど小さな国はなかったであろう。
産業といえば農業しかなく、人材といえば三百年の間 読書階級であった旧士族
しかなかった。明治維新によって日本人は初めて近代的な「国家」というものを
もった。誰もが「国民」になった。不慣れながら「国民」になった日本人たちは
日本史上の最初の体験者として、その新鮮さに昂揚した。この痛々しいばかりの
昂揚が分からなければ、この段階の歴史は分からない。
社会のどういう階層の どういう家の子でも、ある一定の資格をとるために必要
な記憶力と根気さえあれば、博士にも、官吏にも、軍人にも、教師にも成り得た。
この時代の明るさは こういう楽天主義から来ている。
今から思えば実に滑稽なことに コメと絹の他に主要産業のない国家の連中は
ヨーロッパ先進国と同じ海軍を持とうとした。陸軍も同様である。財政の成り立
つはずがない。
が、ともかくも近代国家を作り上げようというのは 元々維新成立の大目的であ
ったし、維新後の新国民たちの少年のような希望であった。
この物語は その小さな国がヨーロッパにおける最も古い大国の一つ ロシアと
対決し、どのように振舞ったかという物語である。主人公は、あるいはこの時代
の小さな日本ということになるかもしれないが、ともかくも我々は三人の人物の
跡を追わねばならない。四国は、伊予松山に三人の男がいた。この古い城下町に
生まれた秋山真之は日露戦争が起こるに当って、勝利は不可能に近いと言われた
バルチック艦隊を滅ぼすに至る作戦を立て、それを実施した。
その兄の秋山好古は日本の騎兵を育成し、史上最強の騎兵といわれるコルサック
師団を破るという奇跡を遂げた。もう一人は 俳句短歌といった日本の古い短詩
形に新風を入れて、その中興の祖となった俳人正岡子規である。
彼らは明治という時代人の体質で、前をのみを見つめながら歩く。
上って行く坂の上の青い天に、もし一朶の白い雲が輝いているとすれば
それのみを見つめて、坂を上っていくであろう。

音楽は久石譲 主題歌:サラ・ブライトマン「Stand Alone」
私は「白い巨塔」のエンディングを思い出しました。

長くなりましたので、ドラマ部分の話は わけて

(続く)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2009/12/06 22:00|大河ドラマ

お引っ越し

大河ドラマ「天地人第34回「さらば、越後」
慶長2年(1597年)9月、兼続(妻夫木聡)は三成(小栗旬)に内密に呼ばれる。
そこには秀吉(笹野高史)が病に伏していた。秀吉は上杉に会津へ国替えして
ほしいと頼む。日本の安泰を期すべき、という兼続の言葉に、景勝(北村一輝)
は国替えを決断する。兼続は越後へ戻り家臣に国替えを告げる。そして、国替え
を拒み引きこもった泉沢(東幹久)を訪ね、さきざきを見据えた頼み事をする。
一方、仙桃院(高島礼子)は、謙信(阿部寛)の遺がいとともに越後に残ること
を決意。お船(常盤貴子)が長男を連れて越後へ戻る。二度と越後へ帰れない
かもしれないと覚悟したお船は、子どもたちに、越後の雪のあたたかさを覚えて
おくよう話す。翌年、秀吉から正式に国替えの命が下る。米沢が上杉領になる
ため、伊達は陸奥へ移される。怒る政宗(松田龍平)を愛姫(杏)はなだめる。
兼続はお涼(木村佳乃)に会う。会津へ行かないとするお涼に、兼続は弱音を
吐いてしまう。そんな兼続をお涼は慰める。国替えを間近に控えた景勝と兼続は
八海山に登る。越後の景色を前に、景勝は涙を流す。越後を去る日、景勝と兼続
の胸に越後での懐かしい情景が去来するのだった。
妻夫木聡 北村一輝 小栗旬 笹野高史 常盤貴子 深田恭子 松方弘樹
小泉孝太郎

///////////////////////////////////////////////////////////////////////
書くのが遅れすぎて危ないですね、今年は「坂の上の雲」の関係で終了が
早いというのに。そういえば「白洲次郎」もまだ書いていませんし・・・・
「不毛地帯」は・・・・・無理かなぁ

///////////////////////////////////////////////////////////////////////

病に伏していた秀吉は密かに兼続を呼ぶ
「よく来てくれたの、兼続 。待っておったぞ。そちにな、どうしても頼みたい
ことがあっての。上杉に、国替えをしてもらいたいの。会津へ行ってもらいたい。
家康を抑えるためよ。 越後は雪が多い。冬には動きがとれぬ。もっと 徳川
の領地に近い方が安心じゃ。所領も石高も増やす。百万石の大大名にしてやろう。
じゃから、どうか受けてもらいたいのじゃ 。わしはの 我が子、秀頼の行く末
だけを案じて言っておるのではないぞ。まこと、まこと この日本国のためを
案じて 言っておるのじゃ。この国にまた戦を起こしてはならん。 民、百姓が
ようやく安心して暮らせる国になったのじゃ。兼続、 わしの最後の頼みじゃ」

兼続は景勝に報告
景勝「断ればどうなる」
兼続「殿下のおからだは長くは持ちますまい。御世継ぎの秀頼さまは まだ5歳。
お亡くなりになれば、世はまた乱れましょう。」

景勝「だが、たとえ我らが会津に行ったとて 徳川内府を封じ込められかは 
わからぬ。どの道 乱世になるのであれば越後の民こそわしは守りたい。
そちは どう思う」
兼続「かつて 謙信公は関東管領として越後のみならず、関八州を安らかに
保とうと
お心を砕かれました。 今、我らがなすべきは そのお志を継ぎ、さらなる高みを
目指すことかと」
景勝「ではそなた 越後より日本国の安泰を期せ、と申すか?」
兼続「それこそが義の道ではございませぬか。」
景勝は会津入りを決める。

春日山に戻った兼続は景勝に代わり会津への国替えを告げた。
「家中の者は移るとして 町人や百姓はどうなる」
兼続「町人は連れて行く。だが、百姓たちは1人なりとも連れて行っては
成らぬという厳しいお達しじゃ。皆、これでわれらが殿は百二十万国の大大名に
なられる。 越後は離れるが 金山を有する佐渡、出羽、庄内の港もそのまま
領有を許されておる。古今 例を見ぬほどの厚遇じゃ」

慶長3年1月、太閤秀吉は景勝らにの国替えを命じる。
上杉景勝は会津、米沢、佐渡、出羽、庄内、など合わせて
百二十万石を授かり、徳川家康、毛利輝元に次ぐ大大名となる。
秀吉「景勝よ。兼続には米沢30万石をつかわそうと思うが。どうじゃの」

兼続は城の引き継ぎのため、石田三成の待つ会津若松城へ。
三成「ところで、どうして殿下から特別に米沢30万石を勧められたのに、受け
なかったのだ。 皆、驚いておったぞ」
兼続「家中の者たちの顔を思えば受けることなどできぬわ。 皆に国替えの苦労を
強いている時に わし一人だけが そのようなものをもらうなど」

//////////////////////////////////////////////////////////////////////
転封だけで一話使いました。
だからといって、転封に「苦悩していた」感じがあまりなかったですね。
常々「越後の国の」民、百姓と唱えていた兼続と景勝にしては あっさりと
納得し、転封を決意したものです。
その代わりに回想シーンとお涼&兼続物語で水増しをしましたので、中身が薄っぺらいです。
初音(長澤まさみ)にしてもお涼(木村佳乃)にしても
史実に縛られない創作キャラのわりには活かしているとはいえません。

今回の転封は会津の蒲生が宇都宮へ、会津には越後から上杉が、越後には越前
から堀が異動するという玉突き転封。この件では一悶着ありました。
通常は「国替えの際は次の領主のため年貢の半分は残しておく」んですが、
上杉は会津に移る際に年貢を持って行ってしまった。
越後に入った堀はあるはずの年貢米がない事を知り、上杉側に抗議
(堀直治は その慣行を守ったために、越前から持って来ていなかった)
それに対し上杉は「宇都宮に移った蒲生が年貢を持っていたこと」を理由に
それを拒否。
「堀直治が越前で年貢を徴収して来なかったのが悪い」という論理ですね。
後々、関ヶ原の戦いへ繋がる掘vs上杉の因縁の始まりですが。

それはともかく
死にそうな秀吉は いいですね。ちょっと不気味なシーンでしたが。
秀吉の論理はおかしいですがね、会津だって雪は降るでしょうに・・・

それをうけて、転封を拒否する泉沢久秀は仮病を使って、布団にもぐって
出てこない・・・・
上杉家の重臣ですが あまりにも子供っぽい、まるで登校拒否の子供
そういえば転封の際「会津の土を持っていく」描写まで。
もともと上田衆って体育会の部活のようなノリでしたが やっぱり、
子供を描いていたんでしょうか。
因みに 史実では仙桃院も越後には残らず、米沢に移ります、

「家中の者は移るとして 町人や百姓はどうなる」って、「百姓を連れて
行けないの」は今更 言われなくてもわかりきった話じゃないですか。
「三国志」の劉備玄徳の描写を思い出しますね。いつもぞろぞろ領民を
連れて移動していた様を。ああいうのはないですから。

ところで、兼続は「米沢拝領を断った」ことになっていましたが、
秀吉から「米沢30万石」を拝領することはなかったにせよ、景勝から
拝領(6万石)したので、このドラマでの描写はどうなんでしょう?

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2009/10/18 12:00|大河ドラマ

口ひげデビュー

大河ドラマ「天地人第33回「五人の兼続」
文禄4年(1595年)、兼続(妻夫木聡)は上杉家の重大な仕事のすべてを取り
仕切るようになっていた。景勝(北村一輝)は兼続を執政とし、上杉家のすべて
を任せる。景勝の厚い信頼に兼続は感激する。そのころ、秀次(眞島秀和)は
秀吉(笹野高史)に謀反の疑いをかけられ、切腹を命じられる。兼続は秀吉の
真意をただすため三成(小栗旬)のもとを訪れるが、三成は会うことを拒む。
さらに、秀次と懇意にしていた政宗(松田龍平)も謀反の嫌疑をかけられるが、
家康(松方弘樹)が北政所(富司純子)を通じて取りなし、事なきを得る。
京で秀次の一族が処刑される。その様子を見ていた兼続は初音(長澤まさみ)と
再会。三成の真意がわからないとする兼続に、初音は三成も苦しんでいることを
わかってほしい、と告げる。秀吉は拾(伊藤悠翔)への忠誠を誓う起請文を諸大名
に提出させる。秀吉が座を辞した後、家康は三成を激しく責めるが、景勝は主の責
を家臣に負わすのは筋違い、と反論する。三成の苦難を案じた兼続は、国政を
合議制にすることを思いつく。三成とともに夜を徹して制度案をねり、利家
(宇津井健)の助力のもと、秀吉を説得し了承を取り付ける。諸大名による大老・
奉行の署名が行われる。喜ぶ兼続と三成。三成は兼続の友情に感謝するのだった。

妻夫木聡 北村一輝 小栗旬 笹野高史 常盤貴子 深田恭子 松方弘樹
横内正  上地雄輔 中尾彬

///////////////////////////////////////////////////////////////////////
主従 口ひげでしか歳月の経過をあらわせないのがこの大河ドラマですね

関白秀次は謀叛の疑いで 高野山追 追放から7日後切腹。
秀次の正室、側室、並びに子など三十人あまりが、三条河原にて処刑

この時に豊臣秀次の側室として最上義光の娘である駒姫も殺された
(実際には側室になるため京に着いたばかりの頃)
後に関ヶ原の戦いで最上が家康側についた因とも言われる


小早川秀俊「これは三成の陰謀に違いない。今にわしも殺される。わしも
関白もお拾君が生まれた今となっては不要の者。あの冷酷な三成が裏で差配し
この世から消しているのじゃ。兼続、このとおりじゃ。景勝から親父様へ
とりなしてもらいたい。くれぐれも わしの命を奪わぬよう。 頼む」
兼続「どうか御直りください。そのような御懸念は御無用にございまする。
小早川家は名家。 そこへ行かれたのは あなた様の行く末を太閤殿下も
案じておられたからでございましょう」

なぜ小早川が兼続を頼るの?という気はしますが、小早川のこの懸念は
後の話の展開から見ると伏線には なっています


兼続は三成に会いに来た。その時、兼続の姿が秀吉の目に
秀吉「どうじゃ。よい出来であろうが。これはな 御拾いが帝にお目見えする
時のためにつくらせた装束じゃ これはな その方だけに教えるが極秘にして
おけよ 近々、御拾いに関白を継がせようと思うておる」
兼続「関白。しかし、前の関白殿下が亡くなられてまだ日も浅く」
秀吉「首尾よう 関白席が空になった。朝廷に頼んで御拾いに官位を授けて
頂く。 これはそれに間に合うよう 早めに作らせたのじゃ」
「三成は存外甘い所があっての、秀次の妻子まで殺すことはないと えろう
止めだてしおった。 謀反人は一族もろとも根絶やしとする、これは武士たる
者の心得じゃ。 何としてもお拾いを守らねばならんでのう。そうであろう?兼続」

兼続は景勝の言葉を思い出す
「兼続にもしものことがあれば、上杉はどうなるのか。兼続が五人おれば
わが領内は やすやすと治まるであろうの」
兼続が五人 想像するだけでうっとうしいことこの上ないですが・・・


兼続は三成に会う
兼続「どうだ、一つ政の形を改めてみぬか?太閤殿下お一人に すべての力が
集まるのではなく、大名の中から何人かを選び、それらの合議によって政を
なすのだ」
三成「話にならん。俺が今まで目指していたことを知っているだろう。
殿下のもとにすべての力が集まることこそ大事」
兼続「今の殿下にそれができぬことはお主が一番よくわかっておろう。殿下の
罪をかぶることが忠義ではない。今のままでは豊臣の世は やがて立ち行か
なくなるぞ このご城下が また戦禍に包まれるようなことがあってはならぬ」

兼続「これが大老衆。五人としてみよう。 国の大事を決める者たちじゃ」
三成「上杉、前田、毛利、小早川、それに豊臣の縁戚である宇喜多あたりか」
兼続「大老には徳川も入れるのだ」
三成「徳川はまずい。家康に余計な力をもたせては、天下をかすめ取られる」
兼続「いや、今ここで仲間はずれにしては それこそ反旗を翻すことになる。
それより敢えて仲間に組み入れ、
何事も徳川の勝手にできぬよう、大老の一人とし他の大老で徳川を見張ればよい」
三成「領主でもある大老は国の大事を決めることはできても、それを形にするのは
難しかろう。そこで大老の下に奉行を置き、その任に当たらせるのだ。
この奉行には俺と・・・・お前も入れ」
兼続
「いや、わしは入らぬ。安心しろ。わしも大老上杉の中で腕を振るわせてもらう」

三成と兼続は前田利家に協力してもらう
秀吉「よいか。 豊臣の主はこのわしと決まっておる。何故、大老なんぞにまかせ
ねばならんのじゃ」
兼続「殿下、恐れながら それがしも同じ意見でございまする」
利家「直江山城、何故 このようなことを 思いつきおった?上杉もつらい想いを
してきたからかの?」
兼続「亡き謙信公は一代の英傑でございましたが、惜しむらくは この世で最後
の仕事をせぬまま亡くりました。あらかじめ跡継ぎを決めておられなかったのです。
そのために 上杉家には悲しい戦が起こり、家の力も衰えました。それほどまでに
巨星墜ちた後のお家とは揺れるもの。お拾い君がそのような憂き目に合われぬため
にも殿下がお元気なうちに 豊臣家の行く末を盤石のものにしておかねばなりませぬ」
秀吉「これが、ほんとにお拾いのためなのじゃの?」

こうして、小早川、上杉、前田、宇喜多、毛利、 そして徳川。
この6人の大老に、5人の奉行を加えた新しい政の形ができあがった。

単純なようで 五奉行・五大老というのは結構ややこしいんです。
そもそも呼称自体に問題があります。
日本史の歴史用語が必ずしも「その当時使われていた表現」でないというのはよく
あることですが・・・・

五大老~当時は「奉行」などと呼ばれていた

五奉行~当時は「年寄」(→大老)などと呼ばれていた

逆なんです。

そもそも職制としてそれほどきっちりしたものではないので 人数も「五人」とは
限りません。
「初めは小早川隆景が五大老だったけど、のちに上杉景勝に変わった」とも
言い切れないんですね。
例えば
1595年に発令された「御掟」(全5ヶ条)に署名しているのは
徳川家康・宇喜多秀家・上杉景勝・前田利家・毛利輝元・小早川隆景の六名ですから。

ちなみに、秀吉の死後は・・・・
この「御掟」で「諸大名の婚姻は許可を得なくてはならない」となっていたのを家康が
無視し、無断で伊達や福島と姻戚関係を結んだというのは有名な話。

それはともかく

五大老は秀吉の発案でしょうね。秀吉が家康を牽制するために自ら最後の手を打った。
兼続が進言したというわけではもちろんありません。所詮陪臣ですからね。

三成からすれば「奉行(ほんとは年寄)」が上で「大老(ほんとは奉行)」が下という
わけで、兼続に「奉行に入れ」というはずもありません。
それでは兼続が景勝の上になってしまいますからね。

しかし、このドラマ 相変わらすひどいセリフです。

秀吉に心酔している三成に対して「殿下の罪をかぶることが忠義ではない。」
秀吉に罪があると言い切るんですから。

おまけに
前田利家の入れ知恵と言う設定かな?兼続が上杉謙信の話を持ち出しましたが
「亡き謙信公はこの世で最後の仕事をせぬまま亡くりました。あらかじめ跡継ぎを
決めておられなかったのです。」
これは尋常ではないですね。

第9話
謙信は遺言を残さなかったため、上杉家は家督を巡って景勝派と景虎派に分かれ大混乱に
陥る。それを見かねた妙椿尼は、謙信が「家督は景勝に」と遺言を残した、と嘘をつく。
真実を知る仙桃院は妙椿尼を責めるが、上杉の混乱を鎮めるため、この嘘を真実として
生きていくことを決意。仙桃院は兼続にも遺言が嘘であることを知らせる。動揺する兼続
だったが、「すべての泥は私がかぶる」という仙桃院 決意の前に、これを受け入れる。


表向きは「跡継ぎは景勝」というのが謙信の遺言ということだったでしょ。
それなのに納得いかない景虎が反乱を起こして・・・ということ
謙信が遺言を遺していないことはごく限られた人々しか知らない秘密だったはず。
それを兼続は「あらかじめ跡継ぎを決めておられなかった」 と認めてしまうん
ですか?

いずれにしても
「後継者を決める話」と「後継者のサポートメンバーを決める話」
ですから、筋の違う話
お拾い(=秀頼)を後継に決めている秀吉にとっては 本来は関係ない例だと
思いますが、それを三成の涙を絡めて誤魔化した感じ

2009/10/09 20:00|大河ドラマ

twitter 

ブログ村 

天気予報 


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード 

リンク 

このブログをリンクに追加する

Copyright(C) 2007All Rights Reserved.

Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.